F1 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノーF1
ルノーF1チームのニコ・ヒュルケンベルグが、2019年のF1世界選手権 第4戦 アゼルバイジャンGPへの意気込みとバクー市街地コースの印象を語った。

「バクーは面白い場所だし、従来のグランプリの週末とは違った感じがする。ホテルからパドックまでの距離も含め、すべてが非常に近い場所にあるため、どのストリートトラックとも少し異なる」とニコ・ヒュルケンベルグはコメント。

「旧市街の建物、古風な家、城、石畳の通りは、すごくかなりクールだ。レースも毎年面白い。ここ2シーズンは少し不運だったけど、チャンスを生かすためには適切なタイミングで適切な場所にいる必要がある」

「ロングストレートはトラック全体の中で際立ったセクションだ。昨年の序盤のレッドブルとの戦いで見たように、他のクルマから大きなトウを得ることができるし、誰もがバクーでわかっているように何が起こるかわからない。高速で激しい。ミドルセクターは、曲がりくねった低速のコーナーと両側の壁が密集している点でかなりいい感じだ。バクーではクルマのダウンフォースの設定が低いので、快適さのレベルを超えなければならない。それは挑戦でもあり、スリルでもある。ちょっとしたミスが大きな影響を与える可能性がある」

「今年はこここまでの3レースのうちの2レースでリタイアしているのは残念だ。クルマのフィーリングは良くなってきている。クルマを快適に感じられるようになっているし、各レースでポイントを獲得できるポテンシャルがあったのは確かだ。僕たちはより一貫性のある週末を過ごすようにしなければならない。バクーは結果に関して奇妙な場所になることがあるし、いろんな起こので、僕たちはその中でできる可能な限りベストなポジションにいなければならない」

関連:2019年 F1アゼルバイジャンGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニコ・ヒュルケンベルグ | ルノー | F1アゼルバイジャンGP