ニコ・ヒュルケンベルグ
ニコ・ヒュルケンベルグは、マネジャーのウィリー・ウェバーとの契約を終了した。

ニコ・ヒュルケンベルグは、昨年ウィリアムズからF1デビューを果たしたが、2011年は資金豊富なベネズエラ人ドライバーのパストール・マルドナドにシートを奪われた。

現在フォース・インディアのテストドライバーを務めるニコ・ヒュルケンベルグは、2012年のレースシート昇格に期待を寄せている。

ニコ・ヒュルケンベルグは、自身のウェブサイトで声明を発表。「ニコ・ヒュルケンベルグとマネジャーのウィリー・ウェバーは別々の道を歩くことになりました」と述べた。

今後は、元PRアドバイザーのティモ・ガンスの助けを借りて「自身でマネジメント業務を行う」とした。

「現在、両者は円滑な引継ぎと全員が納得のいく解決策に取り組んでいる」

ウィリー・ウェバーはシューマッハ兄弟をF1に昇格させたマネージャーとして有名だが、現在は2人のマネジメント業務は行っていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニコ・ヒュルケンベルグ | フォース・インディア