ホンダF1 特集:第4期 7年間の軌跡
2015年にホンダがF1へ復帰してから7年間。その歩みを印象に残る場面を追いながら振り返る。

2008年限りでF1から撤退していたホンダが、マクラーレンをパートナーに、7年ぶりの復帰。新パワーユニットでの新たな挑戦がスタートした。1980~90年代に栄光を誇ったタッグの復活は、大きな話題となった一方、パワーユニット規定が導入されてから1年遅れでの参戦ということで、他マニュファクチャラーに追いつくために多くを学ばなければならなかった。

2015年は厳しいシーズンとなったものの、ハンガリーGPでは、フェルナンド・アロンソが5位、ジェンソン・バトンが9位に入るなどポジティブな瞬間もあり、バトンは米国GPでも6位に入った。

マクラーレン・ホンダ

初年度での苦戦を糧に、マクラーレン・ホンダは着実に前進。パワーユニット「RA616H」も競争力を増し、アロンソ、バトンともに安定してポイント争いができるようになっていく。

前年に獲得したポイントをシーズン折り返し時点で上回り、ロシアやモナコではダブル入賞。トップ8でのフィニッシュが定位置となり、マレーシアとオースティンでは6位に。最終的に前年の3倍近くのポイントを獲得し、コンストラクターズチャンピオンシップ6位でシーズンを終える。

2017年にはPUのデザインを一新。新レイアウトのPUについて試行錯誤を繰り返し、技術的に多くの学びを得た1年になったものの、MGU-Hをはじめとして、数々の信頼性のトラブルなどに見舞われ、マクラーレンとの関係は悪化。大きな期待とともに開始されたパートナーシップは、2017年限りで解消となる。

信頼性のトラブルに加え、成績も上向かず、非常に苦しい時間を過ごした一方で、HRD-Sakuraの開発チームでは、2018年以降の躍進のキーとなる新たな燃焼方式についてのヒントが見つかるなど、シーズン後半には暗闇の中にもわずかに光明が差してきた年でもあった。

フェルナンド・アロンソとジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)

2018年からはスクーデリア・アルファタウリと新たな挑戦が始まる。初めてワークスチームとなったトロロッソだったが、2戦目のバーレーンGPでピエール・ガスリーが4位入賞を果たす。

わずか2戦で2015年から2017年までの最高成績を上回る結果を残せたこともあり、それまで自信を失っていたホンダのメンバーも、少しずつ自分たちの進んでいる方向が正しいことを実感できる年になった。技術的な部分に加え、トロロッソというイタリア人中心のチーム独特の明るい雰囲気が、ホンダのメンバーに前を向かせてくれた面も大きく、時を経るごとにパートナーシップのつながりは強まっていった。

着実に結果を積み重ねることで、ホンダ、トロロッソともに自信を深め、モナコとハンガリーでもシングルフィニッシュ。ホンダのPUも年を通じて進化を果たし、第7戦カナダGPでスペック2、第16戦ロシアGPでは日本GPを見越してスペック3を投入するなど、信頼性とパフォーマンスを確実に向上していった。スペック3では新たな燃焼方式を持つICEを投入。この技術を磨いていくことで、2019年以降、徐々にトップの背中が見えてくるような戦いをできるようになる。スペック3のPUを使用したホンダのホーム鈴鹿では、ブレンドン・ハートレーとガスリーが揃ってQ3進出を決めるなど、今後の飛躍に向けた基礎がこの一年で出来上がっていった。

トロロッソ・ホンダ

トロロッソはレッドブル系列のチームではありますが、2018年の段階では、トップチームであるレッドブル・レーシングとホンダの関係は何も決まっていなかった。彼らとのパートナーシップ締結については、2018年のパフォーマンス次第だったが、その決め手となったのは、第7戦カナダGPで投入したスペック2のパフォーマンス向上だった。

そして、フランスGPを控えた2018年6月19日。2019年から2年間のレッドブル・レーシングへのパワーユニット供給を正式に発表。ホンダにとってはF1復帰後初めての2チーム供給となった。チーム代表のクリスチャン・ホーナーは、チームにとって「エキサイティングな新章の始まりだ」とコメントし、チャンピオンシップ争いを目指して戦っていくことになる。

2018年の進歩を経て、それまで多くの勝利を収めたレッドブル・レーシングへパワーユニットの供給を開始。いよいよ勝利を目指せるパッケージになるということで、大きな期待を集めてシーズンがスタートする。

初戦のオーストラリアGPでは、マックス・フェルスタッペンが予選で4番グリッドを獲得。レースでは序盤に5番手までポジションを落とすものの、そこから追い上げて2台のフェラーリ勢の前へ。さらにはディフェンディングチャンピオンのルイス・ハミルトンの背後に迫り、わずか1.7秒差の3位フィニッシュ。これが、ホンダにとっては2008年イギリスGP以来の表彰台となった。

レッドブル・ホンダ 初表彰台

開幕戦での表彰台を皮切りに、フェルスタッペンはスペインGPでも再びポディウムへ。12戦連続トップ5フィニッシュを果たすが、そのハイライトが第9戦だった。

レッドブルにとってのホームレースであるオーストリアGPで、フェルスタッペンはフロントローからスタート。しかし、スタートでの出遅れによって8番手まで順位を下げる。そこから追い上げて4番手で最後のピットストップを終えると、セバスチャン・ベッテル、バルテリ・ボッタスをオーバーテイクして2番手へ。首位のシャルル・ルクレールを追い詰めると、残り3周で見事にパスして勝利をつかみ取る。

ホンダにとっては、2006年ハンガリーGP以来13年ぶりの優勝となり、田辺豊治テクニカルディレクターが表彰台に登壇するなど、記憶に残るレースになった

レッドブル・ホンダ 初優勝

そこから2戦後のドイツGPでは、フェルスタッペンが2勝目を挙げる。波乱の展開となったこのレースでは、トロロッソのダニール・クビアトが3位表彰台を獲得。トロロッソにとって2008年の初勝利以降となる、チーム史上2回目のポディウムとなった。ホンダにとってもゼロから歩みを共にしたトロロッソと2年目での表彰台獲得は非常に感慨深いものがあり、今回のプロジェクトの中のハイライトの一つになっている。

一方で、フェルスタッペンはこのレースでファステストラップも獲得したものの、いまだポールポジション獲得は果たせていなかった。

第12戦ハンガリーGPは、オーストリアやドイツのホッケンハイムと特性が大きく異なるサーキット。フェルスタッペンはそれをものともせず、Q1からトップに立ち続けると、Q3最終アタックで2台のメルセデスを上回ってポールポジションを獲得。これは、ホンダの復帰後初というだけでなく、フェルスタッペンにとってもF1キャリア初のポールポジションだった。

レースは緊迫した展開となり、最後は戦略の差で2位に終わるも、フェルスタッペンはシーズン5度目の表彰台登壇で前半戦を締めくくった。

レッドブル・ホンダ 2019年

後半戦からレッドブルからトロロッソへと戻ってきたガスリーだった、素晴らしいパフォーマンスを見せてチームを引っ張る。そして、忘れられないインテルラゴスでのレースを迎える。

レースは何度もセーフティカーによる中断が入る波乱に満ちた展開となる中、フェルスタッペンがポール・トゥ・ウインでシーズン3勝目。リスタート時には、フェルスタッペン、アレクサンダー・アルボン、ガスリーとトップ3をHondaパワーユニット勢が占めていたが、ハミルトンに接触されてスピンを喫して後退してしまう。ここで2番手に浮上したガスリーは、最終ラップの最終コーナーでハミルトンに並びかけられるも、そこからの直線勝負で突き放して2位フィニッシュ。

これが、ホンダにとっては復帰後初の1-2フィニッシュとなり、トロロッソもチーム史上初めてシーズン2度目の表彰台に登壇した。

ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ) 2019年 F1ブラジルGP

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大によって、F1だけでなく世界中が大きな影響を受けた。F1もシーズン開幕が4カ月近く延期され、ようやく初戦が開催されたのは7月のオーストリアでの2連戦。ここで、王者メルセデスに対抗できる存在としてパフォーマンスを発揮したのがレッドブル・レーシングだった。

フェルスタッペンは開幕戦こそリタイアに終わったものの、シルバーストーンでのシーズン初勝利を含む、5戦連続表彰台登壇を果たす。そして、モンツァで行われたイタリアGPでは、赤旗中断によって大きく動いた流れをガスリーがつかみ、見事なレース運びを見せてキャリア初優勝を達成。表彰台の涙は多くの人の心を打った。

最終戦のアブダビGPでは、フェルスタッペンがポール・トゥ・ウインで締めくくり、この年Hondaパワーユニットは3勝。2021年の飛躍に向けた布石の一年になった。

ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ) 初優勝

レッドブル・レーシング、スクーデリア・アルファタウリへのパワーユニットサプライヤーとして最後の一年となった2021年。ホンダは、少しでもいい形でシーズンを終えるべく、2022年向けに開発していた新骨格のパワーユニットを前倒して投入した。

空力に関するレギュレーションも変更され、これによって落ちるグリップをどう取り戻すか、車体側にとっても忙しいシーズンオフとなった。開幕戦バーレーンGPでは、フェルスタッペンがポールポジションを獲得し、僅差の2位に。続くイモラでの第2戦で初勝利を挙げると、2戦連続の2位を挟んで第5戦モナコで2勝目をマークし、素晴らしいスタートを切った。

この年からレッドブル・レーシングに加入したセルジオ・ペレスは、アゼルバイジャンGPでフェルスタッペンがタイヤバーストによって失ったレースで勝利を挙げ、ガスリーも3位表彰台へ登壇。タイトル獲得を目指す一年は、順調な序盤となった。

セルジオ・ペレス レッドブル・ホンダで初優勝

前半戦は快進撃が続き、オーストリアではホンダとして1988年以来の5連勝を達成。レッドブルとの初勝利を挙げた地で、また一つ歴史に歩みを刻んだ。今季唯一の同サーキットでの2連戦となったオーストリアだったが、両レースともにフェルスタッペンがポール・トゥ・ウイン。ホームの観衆を大いに沸き立たせた。

特に、オーストリアでの2戦目は、コロナ禍となってから初めて観客のフル動員が認められ、熱狂的な雰囲気の中でのレースに。ここでフェルスタッペンは、ポールポジション、ファステストラップ、優勝、全ラップリードという、「グランドスラム」をキャリアで初めて達成した。

2021年 F1オランダGP

コロナ禍の影響は完全には払拭できず、ラストイヤーのホームレース、日本GPは中止となってしまう。しかし、当初の日本GPが予定されていたレースウイークに行われるトルコGPでは、チームとともに特別デザインのマシンでファンの皆さんへの感謝を表現した。

イスタンブールで話題を一手に集めたスペシャルカラーは、両チームが「ありがとう」のメッセージを載せたリアウイングを使用し、レッドブルは白色がベースのマシンで参戦。このレースでフェルスタッペンが2位、ペレスが3位に入り、シーズン2度目のダブル表彰台を手にした。

この2週間後の米国GPでは、カラーリングこそ通常通りに戻ったものの、両チームがアキュラのロゴをまとって参戦。ここではフェルスタッペンが勝利を挙げ、ペレスも3位に入って再びダブル表彰台を獲得。連戦でペレスのホーム、メキシコへと向かう。

レッドブル・ホンダ ありがとうカラー

レースウイークを通じて好ペースを発揮したレッドブルだったが、予選ではフロントローを逃して2列目に並ぶ、しかし、レースではスタートでフェルスタッペンが華麗なオーバーテイクで上位2台を差し切り、ターン1で首位に浮上。そのまま後続を突き放して勝利へ向かう。

フェルスタッペンは他を寄せ付けずに今季9勝目を挙げ、ペレスも3位に入って母国で表彰台に登壇。熱狂的なメキシコのファンが、例年以上に沸き立つ印象的なセレモニーとなった。

レッドブル・ホンダ 2021年 F1メキシコGP

レッドブル・レーシングと59戦、2015年の復帰からは140戦を経て迎えた最終戦のアブダビGP。両チャンピオンシップを賭けて最後の一戦に臨む。コンストラクターズランキングは28ポイント差に開いてはいるが、レッドブル・レーシングは最後まで諦めずに戦い続ける。

そして、ドライバーズチャンピオンシップは、フェルスタッペンとハミルトンが同一ポイントで最終戦を迎えた。フェルスタッペンは、ハミルトンを上回れば、自身初のワールドチャンピオン獲得。ハミルトンがノーポイントとなった時点でもタイトルが決まるという状況。

最終戦、ファイナルラップでのバトルを制したマックス・フェルスタッペンが、2021シーズンのF1世界チャンピオンに輝き、歴史に残る戦いでシーズンを締めくくった。フェルスタッペンにとっては初の総合優勝となり、ホンダF1としては1991年のアイルトン・セナ以来30年ぶりの栄冠となった。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ) 2021年 F1ワールドチャンピオン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル / トロロッソ / マクラーレン / アルファタウリ