ホンダF1、予選後にフェルスタッペンのPUに不具合を発見して交換…ペナルティはなし / F1ハンガリーGP
ホンダF1は、F1ハンガリーGPの予選後にマックス・フェルスタッペンのパワーユニット(PU)に不具合を発見。決勝にむけて交換を行った。

マックス・フェルスタッペンは、前戦F1イギリスGPでルイス・ハミルトンとの接触にほふぃクラッシュ。ホンダF1は、51Gの衝撃を受けたフェルスタッペンのF1エンジンの徹底的なスキャンと可能なパーツ交換を行って準備を整え、F1ハンガリーGPで再び使用していた。

金曜日と土曜日のセッションでは問題なく稼働しているように見えたマックス・フェルスタッペンのPUだが、予選後のチェックで問題が見つかったことで、ホンダF1は交換を実施。同じ仕様のPUに交換したことでペナルティを受けることなく、3番グリッドからスタートすることになる。

「予選後のチェック中に、週末の間に発生した可能性のあるマックスのPUに重要なことを見つけた。シルバーストンクラッシュの後遺症である可能性が高い」

「そのため、同じ仕様の新しいPUに変更した。レギュレーションによると、マックスはペナルティを受けることなく、グリッド上の3番目の位置からスタートすることが許可されている」

フェルスタッペンは2基目のユニットを使用していたが、今回が1基目のものなのか、新品を開封したのかは記されていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル / F1ハンガリーGP / マックス・フェルスタッペン