ホンダF1:2021年 第11戦 F1ハンガリーGP プレビュー
2021年 第11戦 F1ハンガリーGPが、ハンガロリンクで開催される。昨年はマックス・フェルスタッペンが、グリッドに向かう途中でウォールへクラッシュし、メカニックがスタートに間に合うよう必死に作業。フェルスタッペンはそれに応え、見事に2位表彰台に立つという、ドラマティックな展開が話題になった。

ハンガロリンクでは、ホンダF1として過去に6勝を記録しており、第二期では1986~92年に7戦5勝。2006年には第三期初勝利をジェンソン・バトンのキャリア初優勝という形で挙げるなど、好成績を残したサーキットだ。

コースはモナコのようなタイトサーキットとして知られており、オーバーテイクは厳しいレイアウト。2019年にはホンダにとってF1復帰後初のポールポジションを獲得しているが、今回も土曜日の予選でいい位置につけられることを目指す。

田辺豊治(ホンダF1 テクニカルディレクター)
「先日の英国・シルバーストーンのレースでは、ポールポジションからスタートしたレッドブル・レーシング・ホンダのフェルスタッペン選手が他車との接触で1周もせずにリタイアという、非常に残念な結果になりました。初のスプリント予選が導入されるなど、新たな試みがあったシルバーストーンの週末は、我々Honda勢にとって難しい展開となってしまいました。今週末は気持ちを切り替え、前半戦最後の戦いのためにハンガリー・ブダペストに向かいます。ここまで、フランス、オーストリア、英国と、高速サーキットでのレースが続きましたが、今回の舞台となるハンガロリンクは一転して、低速かつテクニカルなサーキットです。ストレートが短く、低速コーナーが多く配されているレイアウトになっており、オーバーテイクが難しいため、予選でのポジションがとても重要になります。また、例年真夏の暑い中で開催されるのに加えて、車速が遅いことから冷却性能に厳しいこともハンガリーの特徴となります。F1サマーシャットダウン前最後となるハンガロリンクでのレースをいい形で戦えるように、そして前半戦をいい形で締めくくれるように、十分に準備を進めていきたいと思います」

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング・ホンダ)
「前回あのような結果になってしまっただけに、今週末ハンガリーでサーキットへ戻ってこられてうれしいです。もちろん少しあざはありますが、こうした大きなクラッシュでは当たり前のことですし、トレーニングもできていて体調はいいです。今週は24時間耐久のシムレースに参加しましたが、画面を前にして同じ姿勢を保ちながら自分の身体がどんな反応をするのか、いいテストになりました。体調は全く問題ないですし、それが今週末に向けてポジティブな気分にさせてくれています。レース再開に向けてしっかりと準備はできています! (前回のクラッシュについて)メディアが誇張して報じることに対してはあまり言うことはなく、正直なところ、そうした報道にはあまり関わりたくありません。シルバーストーンで何が起きたかは分かっていますし、僕はマシンの中にいて、このような形でレースが終わってしまったことに対して思うところはありますが、チャンピオンシップをリードし続けるために、コース上でベストを尽くすことに集中していきます。このクラッシュを受けて必要な対応については、チームが公式な手続きを進めてくれていますが、僕の仕事はいつもと同じで、全力を発揮して日曜のレースで勝ちたいと思います。ハンガリーのコースは楽しいですし、昨年はメカニックがレースに出てくれるように手を尽くしてミラクルを起こしてくれました。今回はグリッドへ向かうときに何事もなければいいですね!」

セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング・ホンダ)
「シルバーストーンは不調に終わり、忘れるべきレースになりました。スプリントレースのフォーマットは楽しめましたが、2度のレース、2度のスタートは、ドライバーにとっては負担が大きくなります。今までと大きく異なるというのは間違いありません。今はハンガリーに向けて集中して、挽回を期しています。僕らチーム全体の士気は高いですし、今週はハードワークを重ねて、強さを取り戻すためにできることはすべてやりました。ハンガロリンクは独特なコースです。高いダウンフォースレベルという点でモナコにとてもよく似ていて、とてもテクニカルなサーキットです。夏休み前最後のレースで、力強い戦いができることを楽しみにしていますし、このブダペストでいいレースができないと、気分よく休みに入ることができません(笑)」

ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ)
「シルバーストーンでの前戦は、終盤のパンクによってポイントを失い、フラストレーションのたまる結果になりました。8位入賞は可能だったと思います。誰かがコース上にグラベルを撒き、それでタイヤをカットしてしまいました。ここ数戦の展開には少しうんざりしています。オーストリアではシャルル(ルクレール)との接触でポイントを失い、次はこのパンクでした。シルバーストーンは、僕にとってはシーズン最悪のレースだったと言え、2~4ポイントを目前にして獲得を果たせなかったことにいら立ってしまいます。ただ、時にはこうしたことも起こるものですし、反省点があることも確かです。想定よりも多くの課題を解決しなければならないですし、スプリント予選形式になったシルバーストーンでの新フォーマットでは、予選前にパルクフェルメとなってしまい、フリー走行で改善する時間が足りませんでした。シーズンのスタートは非常に力強かったので、ブダペストでは前半戦をいい形で締めくくることが重要です。ハンガロリンクでは、F2で勝利を挙げ、F1でもポイント獲得が複数あるなど、いい結果を残しています。僕は大好きなサーキットで、コーナーが多く真のストレートと呼べる場所はないので、コクピットでは、ブレーキング、ターンイン、スロットルの調整など、常に何かしらの操作をしています。直線を走行することがほとんどないのも楽しいです。いいリズムに乗ることが大切で、ドライビングがとても楽しくなります。もちろん、ラップの中で一息つける場所がないのでフィジカル面ではチャレンジングですし、ヨーロッパは気温が高く今週末も熱くなりそうですが、準備はできていると感じています。ここ数戦でマクラーレンやフェラーリが大きな進歩を遂げています。僕らはアルピーヌやアストンマーティンとコンストラクター5位争いをしていますが、このポジションが僕らのターゲットです。ブダペストでは、ライバルたちとは混戦になると思いますが、僕らのパッケージが持つポテンシャルを引き出して、いいレースウイークにする必要があります。ここが終われば休暇に入りますが、前半戦は激しい戦いだったので、全員にとっていいことだと思います。過去最多の23戦が予定されているシーズンですが、後半戦も厳しい戦いになるはずです。最終戦に向けて、体力的にも精神的にもタフになるので、家族と過ごす時間が少しでも取れるといいですね」

角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ)
「シルバーストーンを振り返ると、予選ではトラフィックの問題もあって満足はいきませんでした。全体的には新フォーマットによって厳しい戦いになったものの、日曜にはポイントを獲得できてうれしかったです。チームは想定通りにいかなかったマシンパフォーマンスにがっかりしたと思いますが、僕は満足していました。シルバーストーンをF1マシンで走るのは初めてで、マゴッツからベケッツのような高速セクションでは素晴らしい感覚でした。ハンガロリンクはそのシルバーストーンとは大きく特徴の異なるサーキットです。ただ、昨年、F2でレースをした際には、予選順位が悪く、レースではフロントウイングにも大きなダメージを負ったことで、いい結果を出せませんでした。マシンに最大のダウンフォースが必要でとても難しいサーキットなのですが、このコース自体は大好きです。ポイントの一つは、コーナーへの進入スピードをどれだけ上げられるかで、ドライブしていて面白いコースです。気温が高くなっており、息をつけるストレートのセクションがないので、タフな戦いになると思います。どうなるかは分かりませんが、準備はできています。これが終われば、サマーブレイクで、とても楽しみにしています。イタリアに引っ越してきたばかりなので、休みのほとんどは家の整理に時間を使うと思います。今回のレースの前には、シミュレーターセッションのためにUKへ戻っていたのですが、ホテルは空調がなくて暑さに苦しんだので、エアコン付きの家で快適に過ごすことが楽しみです!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル / F1ハンガリーGP / アルファタウリ