ホンダF1育成の岩佐歩夢、2021年は「日々努力して結果に繋げたい」
ホンダF1育成の岩佐歩夢(19歳)は、2021年にレッドブルとの共同支援でFIA-F3選手権およびF3アジア選手権にハイテックGP(Hitech GP)から参戦。自身のソーシャルメディアで意気込みを語った。

2019年にSRS-Formula(鈴鹿サーキットレーシングスクール フォーミュラホンダ)のスカラシップを獲得してホンダ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)の一員となった岩佐歩夢は、2020年にフランスF4でチャンピオンを獲得。

そして、先日にはレッドブル・ジュニアチームのメンバーになったことが発表されていた。

「2021年はHFDP(ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェェクト)、レッドブルジュュニアチーム、そしてHitech GPの一員としてAsian F3、FIA-F3に参戦します」と

「今までの自分をさらに高め、自分のパフォーマンスを発揮するにはとても良い舞台なので、これからも日々努力して結果に繋げたいと思います」

「今後とも応援の程よろしくお願いします!」

2021年に角田裕毅がアルファタウリ・ホンダからF1デビューを果たすこともあり、同じ道のりを歩むことにあった岩佐歩夢は注目を集めることになりそうだ。

ホンダの支援を受けて2018年に全日本F4でチャンピオンを獲得した角田裕毅は、2019年にレッドブル・ジュニアチームにも加入してFIA-F3(9位)、2020年にFIA-F2(3位)とステップアップを果たしてF1に到達した。

近年ではFIA-F3から飛び級でF1に参戦するドライバーは出ていないが、フランスF4でチャンピオンとなり12ポイントのスーパーライセンスポイントを獲得した岩佐歩夢は、ひとまず40ポイントのF1参戦資格を目指して海外で経験を積んでいくことになる。

岩佐歩夢

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル / F3