ホンダF1、アルボンに3基目のターボチャージャーとMGU-Hを投入 / F1スペインGP
ホンダF1は、F1スペインGPの今週末のF1スペインGPに向けてレッドブル・レーシングのアレクサンダー・アルボンに3基目となるターボチャージャーとMGU-Hを投入した。

ホンダF1は、前戦F1 70周年記念GP後にアレクサンダー・アルボンのターボチャージャーとMGU-Hにファクトリーでのチェックが必要な不具合を発見。HRD Sakuraに送付した。

1基目のターボチャージャーとMGU-Hもプールされていはいるが、今回のグランプリでは3基目を投入することを決断した。

本来、2020年の規則では、チャンピオンシップのレース数が14戦以下の場合、各ドライバーはエンジン(ICE)、MGU-H、MGU-K、ターボチャージャー、エネルギーストア、コントロールエレクトロニクスはすべて2基までに制限される。

現時点では13戦までしか発表されていないが、15戦以上になることはほぼ確実だと考えられており、FIA(国際自動車連盟)はそれを見越してエンジン(ICE)、MGU-H、MGU-K、ターボチャージャーは3基まで、コントロールエレクトロニクスとエネルギーストアは2基までという制限を適用。

そのため、今回の交換によってアレクサンダー・アルボンにペナルティは科せられない。

ホンダF1は、前戦F1 70周年記念GPで“戦略的”な目的でレッドブル・レーシングの2台に2基目のパワーユニットを投入していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル / F1スペインGP / アレクサンダー・アルボン