ホンダF1:2020年 第6戦 F1スペインGP プレビュー
ホンダF1は、2020年のF1世界選手権 第6戦 F1スペンGPに、レッドブル・レーシング、アルファタウリ・ホンダとともに2チーム4台体制で挑む

第6戦 F1スペインGPの舞台となるカタルニア・サーキットは、1991年にF1を初めて開催し、例年プレシーズンテストの舞台にもなっている。カレンダーの中でも有数のテクニカルコースで、ロングコーナーと高速コーナーがそろっており、タイヤにも厳しいサーキットとして知られている。

また、セッティングのわずかな差によりパフォーマンスに差が生まれるサーキットでもある。2019年はアストンマーティン・レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンが3位に入賞し、シーズン2度目の表彰台登壇を果たしている。

田辺豊治 (ホンダF1 テクニカルディレクター)
「先日のF1 70周年グランプリでは、アストンマーティン・レッドブル・レーシングのフェルスタッペン選手とともに、今シーズン初勝利を挙げることができました。この勝利は、我々にさらなるモチベーションを与えてくれるものになりました。またスクーデリア・アルファタウリについても、ここまで5戦中4戦でポイントを獲得するなどパッケージとしてよい戦闘力を発揮できています。ここからも両チームとともにさらによい結果を目指していきたいと思っています。我々は、先週末の勝利の余韻を味わう暇もなく今シーズン2度目の3連戦、最後のレース地であるスペインに向かいます。レースが開催されるバルセロナ・カタルニアサーキットでは、例年ウインターテストが行われる地です。今年も2月に6日間にわたって十分な走り込みを行っていますが、今週末のレースはスペインの真夏の日差しの下、2月とは全く異なる気温や路面状況での戦いになる点が一つ課題となります。今週末に向けて、ここまでの5戦で収集したデータとウインターテストで得たデータの両方を理解し課題に向けての準備を進めることが重要と考えています。ここまでのレースから、ドライバー・車体・パワーユニット・戦略といった要素がすべて噛み合えば、いい戦いができるという手応えは得ましたが、パフォーマンス面でライバルとの差が詰ったとは考えていません。今週末も両チームとともに総合力を発揮して戦うべく、十分に準備を整えてレースに臨みます」

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
「先週末のレースで勝ったことは僕たちとホンダにとってチームとして大きな成果だった。驚くべき結果であり、少し予想外ではあったけど、レースに入るとすぐに僕たちにはとても良いペースがあることがわかった。本当に満足感が得られたし、1つの目標にむかって前進し続ければ、素晴らしい結果を得ることができることを示していると思う。第1スティントは僕たちはメルセデスとは異なるタイヤだったけど本当にうまくいった。彼らが全開でプッシュしていたのかもわからなかったので、最後の数周は突然彼らがペースを見つけるかもしれないと心にとめていた。通常であれば、彼らはとても速いからね。その最後のスティントで彼らはタイヤに苦しんでいるようだったし、僕たちに対して追加のペースはなかったように見えたので、そこからかなり快適にリードできると感じていた。おばあちゃんのコメントについては事前に考えていたわけではない。走っていて、プッシュしたいと思ったときに自然に出てきたんだ。異なるトラックなので、メルセデスに対して僕たちがどれくらい競争力があるか、気温が全員に対してどのように影響するのかを見てみよう。バルセロナのトラックもタイヤにかなり厳しいし、どのように暑さを乗り切るのかもわからない。通常、シーズンのもっと早い時期にレースが行われるので未知な部分が多いけど、楽しみにしているし、先週の勝利の後、コースに戻ることに興奮している」

アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
「先週末はチームとして一歩前進したと思っているし、クルマに少し慣れてきている。チームとして、僕たちはサーキットで最高のペースを持っていたし、それはマックスと僕を含めたすべての人にブーストを与えた。今日は本当に良い一日だったし、満足している。シルバーストンは連戦だったので、1週目と次の週ですべてを直接比較できたのは助けになったと思う。2レース目の週末はクルマがかなり良くなったので、とてもポジティブだ。もちろん、僕たちはまだ仕事をする必要があるし、すべてが一晩で起こるわけではないけど、プッシュを続けて、マシンをより快適にするためにパッケージからもっと多くを引き出そうとしている。バルセロナに戻ることで重要なことは、マシンに何が期待できるかを多かれ少なかれわかっていることだと思う。マシンは明らかに開発されているし、プレシーズンテストから変わっているけど、まだ同じ特性を維持している。我々はマシンをはるかに解決できている。そして、マシンは2月よりもはるかに優れている。したがって、今週末はパッケージをプレシーズンと比較することは重要ではなく、先週末のシルバーストンから改善させることが重要だし、僕たちは引き続き前進していく。でも、あまりにサプライズはないと思う。今シーズンに行ったレースから僕たちはみんなのポジションを知っている。チームとして、僕たちは自分たちの強みと改善できるところを知っている。理論的にバルセロナはプレシーズンではかなり良かったけど、それは非常に初期の頃であり、他のすべてのチームが改善している」

ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
「シルバーストンでの2戦のあとはすぐにスペインのバルセロナに行く。今となっては、かなり前のことになってしまったけど、冬のテストのデータがあるサーキットだ。2月からのマシンの進化を確認するのもおもしろいだろう。テストは冬で、とても寒かったけど、レースは8月の半ばなのでとても暑くなりそうだ。例年とも、レースの時期が異なる。普段レースが行われる5月上旬と比較すると、タイヤマネジメントはより難しくなるだろう。ただでさえ、このコースはタイヤの摩耗が激しいしね」

ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)
「3連戦の3戦目としてバルセロナに移動し、第6戦を迎える。ただ、8月中旬の開催ということで、ウインターテストや例年行われる5月の開催よりもかなり気温が高くなるはずだ。そのような異なるコンディションに挑むのは面白いし、楽しめると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル / F1スペインGP / アルファタウリ