ホンダF1 山本雅史MD 「レッドブルのチーム力を感じたレースだった」 / F1 70周年記念GP レース後記者会見
ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史が、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが今季初勝利を挙げたF1 70周年記念GPを含めた2020年のF1世界選手権の開幕5戦について振り返った。

ホンダF1にとって2020年のF1世界選手権は決して順調なスタートではなかった。開幕戦ではレッドブル・ホンダの2台に電気系のトラブルが発生。第3戦ハンガリーGPではアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーのエンジンに問題が発生した。

「5戦を振り返りますと、開幕戦は電装系のトラブルでレッドブルが2台ともストップしてました」と山本雅史は語る。

「それ以後、マックス(フェルスタッペン)は常に表彰台に乗っていますし、先週のイギリスGPの経過を学習・検証して今週に臨みました」

「今季初優勝は本当に素晴らしいと思います。今週は先週とは違って金曜日からマックスは落ち着いていました。先日、周回数がいつもより少ないのではという質問がありましたが、赤旗で最後走れなかったこと以外は、プログラム通りに行なえていました。マックスの金曜日のコメントにあるように自分たちのやりたいことがやれて満足でした。金曜日からレッドブルは落ち着いていたのが印象的でした」

F1 70周年記念GPの予選Q2でマックス・フェルスタッペンはQ3に進出したドライバーでは唯一ハードタイヤで通過する。

「今回の優勝は、はっきり言って土曜日のストラテジーだと思います」と山本雅史は語る。

「ピレリも言っていますが、唯一Q3にハードタイヤで行ったことは過去にはなかった。レースは攻めていかなければいけないというのを改めて痛感した予選でした。それをちゃんと成し遂げるレッドブルのチーム力、それをうまくやり切ってくれるマックスのドライバビリティの高さ、それが土曜日だったと思います」

「スタートはハードタイヤでレースをでしたが、私たちもレースの中、とくに1周目の3~4コーナーまでうまくクリアすれば、マックスの腕をもってすれば、3位をキープしてゴールラインを越えてくれれば、ストラテジ^的におもしろいレースになるよねと言っていました」

「まだまだメルセデスのマシンとPUに敵わないところもありますが、レッドブルの戦略性の高さ、チーム力があれば、F1を大きく捉えた、総合的なパフォーマンスでまだまだ割って入れる隙間があるなと感じたレースだったと思います」

山本雅史は、レッドブルだけでなく、アルファタウリの進歩を実感していると語る。

「何よりも今年はアルファタウリがよくなっていて、今日は(ピエール)ガスリーは本当にかわいそうでしたが、タイヤのデグラデーションが酷くなって、2回目のタイヤのハードが非常に厳しい状態で最終的に11位となりポイントが取れませんでした。そんな中、(ダニール)クビアトもポイントを取ってくれました」

「(アレクサンダー)アルボンも徐々にクルマに慣れてきています。最終的に本人は5位に不満そうでしたけどね。そういった意味では、後半戦に私たちをワクワクさせてくれるドライバーかなと思っていますし、今後が楽しみです」

次戦はプレシーズンテストの会場となったカタロニア・サーキットで行われるスペインGPとなる。

F1スペインGPについて山本雅史は「スペインは微妙です」と語る。

「もちろんスペインも勝ちに行きたいと思っていますが、皆さんもご存じのように、第3セクターでメルセデスが速すぎる。そこのレッドブルのセットアップが決まるか、決まらないかです。金曜日に走ってみないと分からない。正直、今回よりも勝機は低い。でも、諦めてはいません」


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル / F1イギリスGP / アルファタウリ