ホンダF1:2020年 第2戦 F1シュタイアーマルクGP 初日レポート
先週の開幕戦に続きレッドブル・リンクでの開催となった第2戦F1シュタイアーマルクGPは、ホンダのF1エンジンを搭載するレッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンが最速のタイムを記録し、幸先のよいスタートとなった。

予選が予定されている土曜日の天気は雷雨が予報されており、コース上の走行が難しく予選が延期される可能性がある。もし日曜日の朝も引き続き予選を行うことが難しければ、レギュレーションに従って今日のFP2の結果が決勝グリッドの結果になる。

よって今日行われたFP1はロングランにフォーカスし、FP2は予選シミュレーションを主に行われた。FP1はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが2番手、アレクサンダー・アルボンが6番手に続いた。

一方、アルファタウリ・ホンダF1の2台はやや苦戦をみせたセッションとなった。ピエール・ガスリーはT9で縁石に乗り上げたときにマシンのボディパーツを破損、ダニール・クビアトはT3でスピンをしてしまった。しかし結果はガスリー8番手、クビアト11番手と前向きなポジションで終えることができた。

午後に行われたFP2では、何人かのドライバーが先週行われた第1戦の予選タイムに近づくようなラップタイムで走行し、予選シミュレーションを行った。リカルド(ルノー)の大クラッシュによりセッションは一時中断されたものの、再開後にはフェルスタッペンがボッタス(メルセデス)を抑え1’03.660でトップに立ち、アルボンは何度かスピンをしてしまいながらも7番手をマークした。

アルファタウリ・ホンダF1の2台はガスリーがわずか0.011秒の差でトップ10に届かず11番手となり、クビアトが12番手と続いた。

土曜日から日曜日にかけて荒天が予報されているため、気象条件に対応したセッティングが必要になってくる。先週行われた開幕戦から得たことを踏まえて、今日のセッションのデータを解析し、予選と決勝レースに向けて準備をしていく。

田辺豊治(ホンダF1 テクニカルディレクター)
「先週に続き、レッドブル・リンクでの第2戦が始まりました。開幕戦ではAston Martin Red Bull Racingの2台にトラブルが発生したため、短い時間の中で問題解析を行い、可能な限りの対策を施して本日に臨みました。今日はその2台を含めた4台ともに問題なくセッションを走行できています。パフォーマンス向上のためにセッティングを変更した箇所も含め、今晩さらにデータをよく確認した上で、予選・レースに備えたいと思います。明日はかなりの量の雨が予想されており、予選が実施されるか分かりません。そのため、今日は通常の金曜とは異なるプログラムでセッションを走行しました。その中でフェルスタッペン選手のP2でのトップタイムという結果は、ポジティブに捉えています。その他の3台も悪くない手ごたえを得ており、順調な一日になったと考えています」

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
「先週と比べると格段に感触はよく、マシンのバランスも改良され先週から大きく進歩したと思います。まだ金曜日のフリー走行の段階ではあるので、メルセデス勢との勢力関係ははっきりとは分かりませんが、今日の結果には満足しています。
マシンの理解を深めるために、今日は違う方向からいくつかのことを試しました。方向性は正しい方に向かっていると感じています。明日の天候によって予選がどうなるか読めない状況ではありますが、予選が行えない場合は決勝レースで自分たちがどの程度の位置にいるのかを見つけ出さなくてはなりません。通常は予選のペースよりもレースペースのほうが競争力があるのですが、FP2でのたった1回のタイムアタックだけでは分かりません。しかし先週の開幕戦で走行できた11周の感触もそう悪くはなかったので、いい方向に進んでいけるはずです。天候により明日行えない場合は、日曜日の朝に予選が行われる可能性がありますし、FP2がトップタイムだからと言ってポールポジションを取れたとは考えていません」

アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
「先週の開幕戦と比べて、今日は違うことをいくつか試しました。好転したこともありましたが、効果がないこともあり、よくも悪くもあった日だったと思います。明日の天候が危ぶまれますが、もし走行が続行されるのであれば、ここでの雨は毎度モンスーンとなるため注意しなくてはなりません。イレギュラーなレースウィークになりそうですが、通常の金曜日と変わらず、データの解析を進め明日予定されている予選に向けて準備をしていきます。セッション後半でスピンをしてしまったのは、コーナー出口でプッシュをしすぎてしまいリアを失ってしまったのが原因で、大したことではありません。マックス(フェルスタッペン)の方が調子はよさそうなので、彼側からのフィードバックも受けて改善していきたいと思います」

ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
「ポジティブなフリー走行を行うことができた一日になりました! FP1は試すことがとても多く忙しいセッションになりましたが、予定していたテストはすべて行うことができたのではないでしょうか。先週と違うセットアップを試したところ、マシンへの理解をさらに深めることができ、大きく前進できたと感じています。兎にも角にも、いいレースウィークのスタートを切ることができました。明日の天候が心配ですが、もし雨の中予選が行われることになれば、きっと面白い予選になることでしょう」

ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)
「明日走行が可能かどうか分からなかったので、今日は多くのことを試し、いつもと違うレースウィークの金曜日になりました。マシンはあまりいい感触とはいえませんが、改善していける部分は多くあると思います。しかし、レースウィーク中に改善していくべき点を見つけることが、通常の金曜日のあり方です。まずは今日のデータ解析に集中をして、できる限りの準備をしていきます」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / F1オーストリアGP