ホンダF1 「PUに関連するすべての電気パーツを交換して対策」 / F1シュタイアーマルクGP
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は、開幕戦F1オーストリアGPにおけるレッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボンのトラブルについて説明した。

先週末のF1オーストリアGPで、マックス・フェルスタッペンは11周目に電気系のトラブルによってリタイア。アレクサンダー・アルボンはルイス・ハミルトンとの接触で最後尾に落ちた後、同じく電気系のトラブルでリタイアした。

田辺豊治は、マックス・フェルスタッペンの問題はホンダのF1パワーユニットに起因するものだが、アレクサンダー・アルボンの問題はルイス・ハミルトンとの衝突の結果であるとの見解を示した。

「マックスに関してはPUの電気系の問題につながるメカニカルな問題が発生しました」と田辺豊治は金曜日にレッドブル・リンクで語った。

「アレックスのマシンに関しては、彼がグラベルを走った後にいくつかデータに異常値が確認されました。それが我々の限界を超えたのでマシンを止めました」

「前回のレースから今日までの期間は非常に短かったので、非常にシンプルで原始的な対策を適用しました。PUに関連するマシンのすべての電気パーツを交換しました」

「データはまだ調査中ですが、この問題に関連する様々な原因を調査しています。今回のP1での走行からマシンは正常に走行しています。ロングランとレース中も、観察と監視を続けていきます」

「ロギングデータを取得したらすぐにトラックでデータを分析しました。その後、マシンをチェックしました。特にアレックスのマシンについては、PUから部品を取り外し、一部は日本のHRD Sakuraに出荷され、一部はミルトン・キーンズに出荷されました」

田辺豊治によると、疑わしいパワーユニットのすべての部分がダイナモでテストされ、同様の条件をシミュレート。現在そのデータは分析中だとした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル / F1オーストリアGP