レッドブル 「ホンダF1の2020年型エンジン『RA620H』の開発は順調」
レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、エンジンパートナーのホンダF1は2020年のF1世界選 手権に新型エンジン『RA620H』は順調に進んでいると語る。

2019年からレッドブルのエンジンサプライヤーを務めるホンダF1は、マックス・フェルスタッペンがF1オーストリアGPで2006年以来となる勝利。フェルスタッペンはポールポジションも獲得してドライバーズ選手権を3位で終え、ホンダは2015年にF1に復帰して以来、最も成功したシーズンをマークした。

2020年のF1世界選手権にむけた冬のホンダのF1エンジン開発について質問されたクリスチャン・ホーナーは、ホンダF1からポジティブなフィードバックを受け取ていると語る。

「彼らはかなり満足しているように見える」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「エンジンは昨年を通じてコンタントに進歩を遂げた。最新のエンジンはその進化の次のステップだ」

「ホンダは彼らのダイナモで多くの走行距離を走らせている。我々は明らかに彼らと密接に連携しており、エンジンをシャーシに統合している。「彼らとは競争のモチベーションと欲求を共有しているし、実際に昨年達成した3つの勝利とそれに付随する他のすべての成果を築き上げている」

「彼らは次のステップを果たすことに非常に集中している。5年前から現在までの彼らの位置を考えれば、彼らが達成したターンアラウンドは驚くべきものだった。非常に印象的だ」

ホンダは、2015年から2017年のマクラーレンでの作業において、信頼性問題とパフォーマンス不足に悩まされた3つの困難なシーズンに耐えた。

マクラーレンとホンダは最終的に決別し、ホンダは2018年にトロロッソとパートナーシップを開始。2019年レッドブルがルノーからホンダに切り替える道を開いた。

ホンダは、以前の年よりも2019年までライバルのパワーユニットメーカーとのパフォーマンス差を大きく縮め、シーズン終了までにレッドブルにメルセデスとフェラーリと定期的に戦う機会を与えた。

クリスチャン・ホーナーは、ホンダのF1エンジンがパワー面で果たした進歩によって、レッドブルとして最高のシャーシを作ることに専念できると語る。

「我々にとってその挑戦を可能にする大きな要因はパワーユニットだと思う」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「ホンダは昨年にエンジン導入のたびに素晴らしい仕事をした。彼らはパフォーマンスとパワーを向上させ、メルセデスに非常に近づいているように感じている。したがって、適切なシャーシを生み出すためにチームのシャーシ側に重点を置いている

「仕事を成し遂げるためのドライバーがいることはわかっている。今年に向けて、過去5年間よりも早くに優れた準備できていると感じる」

レッドブルは、タイトルに挑戦するためには開幕戦から優勝争いに絡めることが必須だと繰り返している。かつてはエイドリアン・ニューウェイがぎりぎりまでデザインを詰めるために遅くに新車をローンチしていたレッドブルだが、近年はシーズン序盤の問題を開発によって後半戦にようやくカバーするという状況が続いている。

そのため、今年は新車『RB16』を過去よりも早くにローンチすることを決定。2月12日にシルバーストーンでシェイクダウンテストを実施し、2月19日にプレシーズンテストが開始するまでに1週間の問題を解決するための期間を設けた。

「近年、エンジンの移行やフロントウイングの変更などの要因があったと思う」とクリスチャン・ホーナーは語っる。

「今年、我々は哲学を変更し、今シーズンに向けて本当に早くに進めた。レギュレーションの安定性により、RB16はかなりの部分でRB15のアップグレードと進化であることは明らかだ。弱点に対処し、強みを強化することに重点を置いている」

「そういった連続性を考えれば、チームは特にメルセデスと肩を並べられることを熱望している。近年ではチームワークが本当に重要だ。世界記録のピットストップ、戦略を正しくまとめること、そして、もちろん信頼性という点でね」

「ホンダは彼らのダイナモで多くの走行距離を走らせている。我々は明らかに彼らと密接に連携しており、エンジンをシャーシに統合している。彼らとは競争のモチベーションと欲求を共有しているし、実際に昨年達成した3つの勝利とそれに付随する他のすべての成果を築き上げている」

「彼らは次のステップを果たすことに非常に集中している。5年前から現在までの彼らの位置を考えれば、彼らが達成したターンアラウンドは驚くべきものだった。非常に印象的だ」

レッドブルより一足先にジュニアチームであるアルファタウリは、2月9日(金)にファエンツァのファクトリーでホンダの2020年型F1パワーユニット『RA620H』を初始動。ソーシャルメディアでそのサウンドを公開した。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル