F1 ホンダF1 アレクサンダー・アルボン
ホンダF1は、今週末のF1オーストリアGPでトロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンに“スペック3”F1エンジンを
投入することを確認した。

先週末のF1フランスGPでホンダはアップグレード版“スペック3”F1エンジンを投入。レッドブルは2台とも搭載したが、トロロッソに関しては、2台揃って後方からのスタートを避けるため、ダニール・クビアトのみがスペック3を走らせた。

F1フランスGPを“スペック2”エンジンで15位で終えたアレクサンダー・アルボンだが、ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は、今週末のF1オーストリアGPでアレクサンダー・アルボンにも“スペック”を投入することを明らかにした。

「今週はアレックスを含めた我々の4名のドライバー全員が最新仕様のパワーユニットを搭載します。彼はグリッドペナルティを受けることになります」と田辺豊治はコメント。

「今週末も再び非常に暑いコンディションが予報されており、準備する際にはその点に留意し、フランスで得たデータを参考にしていかなければなりません」

関連:2019年 F1オーストリアGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1 | トロロッソ | アレクサンダー・アルボン