F1 ホンダF1
ホンダは、レッドブル・レーシングと新たなパートナーシップを開始する2019年のF1世界選手権のためのエンジン開発で深刻なトラブルに陥っていると報じられている。

ホンダは、2019年にトロロッソに加えてレッドブル・レーシングへとF1パワーユニットの供給を拡大。レッドブル・ホンダは、2019年にメルセデスとフェラーリとのタイトル争いに挑戦することを目指しているが、ホンダのトラブルによって冬の開発ケジュールに変更を強いられていると Autobild が報じてる。

ホンダは、パワートレインエンジニアリング企業AVL(エイヴィエル)と共同作業を行っていたが、担当者間のトラブルによって作業を中止することになったという。

オーストリアに拠点を置くAVLは、シミュレーションのテストを行う世界最大の独立企業であり、自社内に最新鋭のテストベンチを有している。ホンダは、F1エンジンを改良するために、しばらくの間、同社の設備を利用していた。

しかし、報道によると、ホンダのエンジニアとAVLのプロジェクトリーダーが口論になり、両者の共同作業を終了することになったという。興味深いことに、このAVLのプロジェクトリーダーは、フェラーリともトラブルになり、提携を終わらせている。

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ホンダとAVLのトラブルを認めている。

さらに深刻なのは、ホンダの2019年型F1エンジンに強い振動が発生しているとの報道だ。高回転域で発生するとされるこの振動によって、ホンダはF1パワーユニットからパフォーマンスをフルに発揮することができず、パワーが制限されているという。

ホンダは、この振動問題に対応するためにイルモアの代表であるマリオ・イリエンを雇用した。しかし、マリオ・イリエンは問題を解決するための素晴らしいアイデアを考え出すことができなかったという。

ヘルムート・マルコは、マリオ・イリエンとホンダの協力は制限されるだろうと認めており、レッドブルとホンダは自力でこの問題を解決していくと語る。

「そのために適切な対策を開始した」と語るヘルムート・マルコは、2019年のレッドブル・ホンダの成功を確信しているようだ。

「ホンダはすでにルノーを追い抜いているし、2019年はもっと良くなるだろう。マックス(フェルスタッペン)は成功するための全てを兼ね備えている。もちろん成功するかどうかは彼次第ではない。彼は常に進歩を続けている。彼には上限がないように見えるよ!」

レッドブル・ホンダは、2019年のF1世界選手権をマックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーのラインナップで戦う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1 | レッドブル