F1 本田技研工業 レッドブル・レーシング トロロッソ
ホンダが2019年にレッドブル・レーシングにF1エンジンを供給するどうかは、今シーズン中盤までにルノーに匹敵するパフォーマンスを示せるかどうかにかかっているようだ。

マクラーレンとの3シーズンを終え、今年からホンダはトロロッソとのパートナーシップを開始。開幕戦ではMGU-Hに故障が発生したが、以降の2戦ではトラブルのないスムーズの走行を見せている。

基本的にホンダの2018年のF1パワーユニットは信頼性に重点を置いた昨年型の進化版だが、第2戦バーレーンGPではピエール・ガスリーが4位入賞。低・中速サーキットなどいくつかの要因はあったものの、条件が整えば、ホンダのF1パワーユニットにも中団のトップを争えるポテンシャルがあることを示した。

トロロッソの姉妹チームであるレッドブル・レーシングは、現在の供給元であるルノーとの関係が悪化。パフォーマンス面だけでなく、開幕3戦でダニエル・リカルドのエネルギーストアとターボに故障が発生し、リカルドはすでにパワーユニットの6つすべてのコンポーネントに2基目を投入するなど信頼性も問題となっている。

ルノーは今シーズン限りでレッドブルへのエンジン供給を終了する意向だとされており、レッドブル・レーシングはホンダのF1パワーユニットを搭載するとの見方が強まっている。

だが、ホンダのF1パワーユニットは、まだメルセデス、フェラーリ、ルノーに次いで序列の最下位に位置している。

そのような状況のなか、スペインの AS は「レッドブルは、来シーズンにホンダのパワーユニットを使用する条件としてルノーと同等の性能であることをホンダに伝えていると噂されている」と報道。

同紙は、ホンダが6月のカナダGPもしくはフランスGPのどちらかで40馬力のパワーアップを実現するアップグレードを投入すると付け加えた。一方でルノーもカナダGPでは30馬力に相当するアップグレードを投入すると報じている。

レッドブル・レーシングにとってルノーのF1パワーユニットを使用するには不利な部分もある。ルノーのBP/カストロールの燃料をしているが、レッドブルもエクソンモービルの燃料を使用しており、燃料アップグレードを使用することはできない。

一方、トロロッソは公表はされていないものの、レッドブルと同じエクソンモービルの燃料を使用しているとされ、ホンダエンジンに合わせた燃料の開発が進められていることが想像できる。

ルノーF1の代表であるシリル・アブテブールは、FIAに供給チームを告知する5月末までに決断するようレッドブルに求めているが、レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、夏の終わりがチームが考えているタイムスケジュールであることを示唆している。

いずれにしろ、ホンダが6月にパワーユニットに投入するとされるアップグレードが2019年の展開の鍵を握ることになりそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1