ホンダF1
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介は、2018年のトロ・ロッソとの新たなパートナーシップの準備を進めるなかで、ホンダ内のプレッシャーに変わりはないものの、外部からのプレッシャーは少なくなったと語る。

マクラーレンとの不本意な3シーズンの後、ホンダは今シーズン限りでマクラーレンとのパートナーシップを解消し、2018年からトロ・ロッソと新たなパートナーシップを開始する。一方、マクラーレンは2018年からルノーのF1パワーユニットを搭載する。

日本グランプリで、長谷川祐介はホンダがトロ・ロッソとの準備をすでに開始していることを認めており、マクラーレンからトロ・ロッソに変更することに作業自体に大きな違いはないが、外部からのプレッシャーは少なくなると認める。

マクラーレンは、絶えずホンダを非難しており、フェルナンド・アロンソは無線でエンジンへの怒りを爆発させてきた。アロンソは、標準的なパワーユニットがあれば、マシン自体にはタイトルを争える競争力があると述べている。

「外部からのプレッシャーは少なくなるかもしれませんが、内部には違いはありません」と長谷川祐介はコメント。「我々は来年もっと良い仕事をできることを証明する必要があります」

「私としては大きな違いだとは思いません。我々はすでに来年にむけた準備を開始しています。彼らはとても親切で新しいパートナーシップに非常に興奮しています。もちろん、我々も同じことを感じています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダ | トロ・ロッソ