ホンダ F1 2017
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介は、2017年の“現実的な目標”は表彰台だと語る。

フェルナンド・アロンソは、2017年にタイトルを獲得することが目標だとし、その可能性を除外してない。だが、ホンダにとっての目標は表彰台のようだ。

「今年、マクラーレンとホンダの全員が大きく改善しました」と長谷川祐介は SPEEDWEEK のインタビューでコメント。

「我々はいくつか良い結果を示しましたが、やはり、私としては結果には満足していません」

実際、マクラーレン・ホンダはコンストラクターズ選手権6位でシーズンを終えており、長谷川祐介は、チームがトップに返り咲くにはもう少し時間がかかるかもしれないとほのめかした。

「表彰台が良い結果です。まだ多くの作業がありますし、2017年に関してはいくつか未知数な部分があるますが、それが現実的な目標でもあります」

「例えば、他チームのパフォーマンスがどの位置にいるかわかりません。鍵となるのは時間です。成功のためには時間が必要です」

2017年はジェンソン・バトンに代わって、新人のストフェル・バンドーンがドライバーを務めるが、長谷川祐介は、2017年のドライバーラインアップに満足していると語る。

マクラーレンの新CEOに就任したヨースト・カピートは、2017年以降もフェルナンド・アロンソを保持することが最優先事項だと述べているが、新たにエグゼクティブディレクターに就任したザク・ブラウンは、メルセデスとの関係が不確実にみえるルイス・ハミルトンのために将来のドアはオープンなままだと述べている。

一方、長谷川祐介は、ストフェル・バンドーンを支持している。

「ストフェルは戦えることを示しました」と長谷川祐介はコメント。

「通常、新しいドライバーはリスクですが、ストフェルは優秀ですし、落ち着いています。彼はすでに才能を証明していますし、彼のパフォーマンスに関して翁懸念はありません」

「最大の問題はドライバーが何かを証明したいときです。ですが、私はストフェルに自分の仕事をしてほしいですし、見せつけようとはしてほしくないですね」

「我々は彼を良い気分にさせなければなりません。それが非常に重要です」

関連:
マクラーレン、ルイス・ハミルトンのチーム復帰の可能性を除外せず
マクラーレン、フェルナンド・アロンソの2017年以降の残留に尽力

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / マクラーレン