ホンダF1の2022年10月のF1情報を一覧表示します。

ホンダF1の広告『ラストデー』『挑戦って、いいもんだ。』が日経広告賞

2022年10月26日
ホンダF1の広告『ラストデー』『挑戦って、いいもんだ。』が日経広告賞
ホンダ、2021年シーズン限りでF1から撤退した後、2021年12月31日の日経新聞に出した広告『ラストデー』『挑戦って、いいもんだ。』が、日経広告賞の自動車・運輸・輸送部門の最優秀賞を獲得した。

ホンダは、2021年シーズン限りでF1から撤退。最後のレースに向けてSNSに投稿した『じゃ、最後、行ってきます。』で締めくくられるメッセ―ジには同じ日本の自動車メーカーであるトヨタが『ラストレース、ご安全に、行ってらっしゃい!』と送り出して話題を呼んだ。

ホンダF1エンジンでレッドブルが2022年F1ダブルタイトルを達成

2022年10月24日
ホンダF1エンジンでレッドブルが2022年F1ダブルタイトルを達成
ホンダがチームパートナーを務めるオラクル・レッドブル・レーシングがF1コンストラクターズチャンピオンを獲得~2022年F1ドライバーズチャンピオンとあわせダブルタイトルを達成~

2022年シーズンのF1世界選手権において、10月23日に第19戦アメリカグランプリの決勝が開催され、Oracle Red Bull Racing(オラクル・レッドブル・レーシング)のマックス・フェルスタッペンが優勝、セルジオ・ペレスが4位に入賞し、同チームは年間コンストラクターズチャンピオンを獲得した。

ホンダ 浅木泰昭 「F1撤退後もやっていることに大きな違いはない」

2022年10月19日
ホンダ 浅木泰昭 「F1撤退後もやっていることに大きな違いはない」
ホンダ・レーシング(HRC)の浅木泰昭が、F1日本GPのトークショーでF1撤退以降のホンダのF1活動について語った。

2021年にホンダがF1から撤退するまでパワーユニット開発責任者を務めていた浅木泰昭は、現在は、その役割は後進に譲り、HRCの四輪レース開発部部長という肩書で仕事をしている。

レッドブルF1代表 「ホンダはF1撤退を後悔しているように感じる」

2022年10月18日
レッドブルF1代表 「ホンダはF1撤退を後悔しているように感じる」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ホンダがレッドブルとのパートナーシップで再び存在感を強めるなかで正式なF1撤退を後悔しているのではないかと疑っている。

ホンダが2021年末にF1から撤退すると発表したとき、F1パドックを非常に驚かせた。そのシーズンは、レッドブルとマックス・フェルスタッペンをタイトル争いができるパワー ユニットを設計していた。

マックス・フェルスタッペン、ホンダF1懐疑論者に「今の僕たちを見てみろ」

2022年10月17日
マックス・フェルスタッペン、ホンダF1懐疑論者に「今の僕たちを見てみろ」
マックス・フェルスタッペンは、ホンダをF1エンジンパートナーに採用するというレッドブルの決定に疑問を呈した人々に「僕たちが今どこにいるのか見てみてよ!」と語った。

ホンダは、F1グリッドから6シーズン離れた後、2015 年にマクラーレンのワークスパートナーとしてF1に復帰しましたが、パートナーシップは以前のマクラーレン・ホンダの成功を繰り返すことはできなかった。

ホンダ、F1撤退後もより強固になったレッドブルF1チームとの絆

2022年10月15日
ホンダ、F1撤退後もより強固になったレッドブルF1チームとの絆
ホンダは、3年ぶりに開催されたF1日本GPでマックス・フェルスタッペンが2年連続ワールドチャンピオンを獲得した戦いを振り返りながら、モータースポーツに挑み続ける意義について語った。

3年ぶりに鈴鹿サーキットで開催されたF1日本GPこと「2022 FIA F1世界選手権シリーズHonda日本グランプリ」ホンダは、本大会をタイトルスポンサーとして支援してきた。

ホンダ、フェルスタッペンのF1王座2連覇を祝って日経新聞に全面広告

2022年10月15日
ホンダ、フェルスタッペンのF1王座2連覇を祝って日経新聞に全面広告
ホンダは、マックス・フェルスタッペンのF1ワールドチャンピオン2連覇を祝して日経新聞に全面広告を出した。

3年ぶりに鈴鹿サーキットで開催されたF1日本GPで、マックス・フェルスタッペンは雨天による難しいコンディションを物ともせず今季12勝目を挙げ、ホンダの地元で自身2回目のF1ワールドチャンピオンを獲得した。

レッドブルF1代表 「ホンダを含めた技術チームはチーム史上最強」

2022年10月15日
レッドブルF1代表 「ホンダを含めた技術チームはチーム史上最強」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、現在、レッドブル・レーシングはチーム史上最強の技術チームを擁していると語る。

レッドブル・レーシングは、先週末に鈴鹿サーキットで開催されたF1日本GPでマックス・フェルスタッペンが2年連続のドライバーズタイトルを獲得。そして、今週末のF1アメリカGPでは、2013年以来達成できていないコンストラクターズタイトルに王手をかけている。

セルジオ・ペレス、F1日本GPの回収車両侵入は「過去数年で最悪の事件」

2022年10月11日
レッドブルF1のセルジオ・ペレス、F1日本GPの回収車両侵入は「過去数年で最悪の事件」
セルジオ・ペレスは、先週の鈴鹿サーキットのF1日本GPでドライバーが走行中にトラックに回収車両が入ったのは「過去数年で見た中で最悪の事件た」だったと述べた。

オープニングラップでカルロス・サインツJr.がクラッシュして損傷。直後にセーフティカーが導入された。その後、回収車両のトラクターがトラックに入り込み、ニアミスしたピエール・ガスリーは激怒した。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム