ホンダF1の2022年07月のF1情報を一覧表示します。

ホンダ幹部 「次にF1復帰する場合はエンジンサプライヤー以上の形態」

2022年7月21日
ホンダ幹部 「次にF1復帰する場合はエンジンサプライヤー以上の形態」
ホンダが2026年以降にF1復帰する場合、エンジンサプライヤー以上のものである必要がある。あくまで「個人的な意見」としてHRC(ホンダ・レーシング)の社長である渡辺康治はそう語った。

ホンダのF1エンジンは今年もレッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリで使用され続けているが、ホンダ自体は2021年の終わりにF1から正式に撤退した。

F1が望むのはアンドレッティではなくアウディやホンダのワークス参戦?

2022年7月19日
F1が望むのはアンドレッティではなくアウディやホンダのワークス参戦?
F1とFIA(国際自動車連盟)が望むのは、マイケル・アンドレッティのF1チームではなく、自動車メーカーのアウディやホンダのワークス参戦だとThe Raceは伝えている。

マイケル・アンドレッティは、新F1チーム『アンドレッティ・グローバル』を設立して2024年のF1参入を目指してエントリーしているが、F1とFIAに回答を長く待たされている。F1の利害関係者は、2024年にアンドレッティ・グローバルF1チームのエントリーを受け入れることで得られるメリットの証拠を求めている。

ザク・ブラウン 「ホンダF1と崩壊したマクラーレンの状態は酷かった」

2022年7月19日
ザク・ブラウン 「ホンダF1と崩壊したマクラーレンの状態は酷かった」
ホンダF1とのパートナーシップが失敗していたときにマクラーレンに加入し、後にF1チームの指揮を執ることなったザク・ブラウンは、当時のチームの状態は「思っていたよりも酷い」ものだったと振り返った。

ザク・ブラウンは、2016年11月にマクラーレン・テクノロジー・グループの前会長であるロン・デニスによって採用され、エグゼクティブディレクターに任命された。ちょうどマクラーレン・ホンダのプロジェクトの2年目が終了するときだった。

ホンダF1特集:最大でも10年のコミットメント不足が招いた現在と未来

2022年7月18日
ホンダF1特集:最大でも10年のコミットメント不足が招いた現在と未来
ホンダは、F1で4つの時代を通じてその形を変えて参戦してきた。だが、それが成功か失敗かを語るうえで、それらはすべて単一の制限要因にまとめることができる。

ホンダのF1エンジンはF1で多くの勝利を挙げてきた。しかし、ホンダとしてのF1参戦は決して成功とはいえない。4つの時代は57年に及ぶが、継続的に10年間F1に関与したんは1つの時代だけであり、ホンダが深刻なコミットメントの問題を抱えていることを示している。

ホンダ、2025年までレッドブルF1へのエンジン供給を継続へ

2022年7月15日
ホンダ、2025年までレッドブルF1へのエンジン供給を継続へ
ホンダは、2025年までレッドブルF1チームのパートナーとしてF1活動を継続する。

ホンダは、2021年シーズン限りでエンジンサプライヤーとして参戦していたF1から撤退。しかし、現状でも日本でエンジンを製造して、レッドブルの2つのF1チームへの供給を続けている。

ホンダ、2026年のF1復帰の可能性について「ドアは閉めていない」

2022年7月13日
ホンダ、2026年のF1復帰の可能性について「ドアは閉めていない」
ホンダは、F1のカーボンニュートラルな将来の計画を監視し続けており、2026年のF1復帰の可能性について「ドアは閉めていない」と語った。

ホンダは、2021年末にF1から撤退。F1のリソースはロードカーのゼロエミッション技術に転用したいと考えていた。しかし、2021年にホンダのF1エンジンはマックス・フェルスタッペン/レッドブルとタイトルを獲得。今季もレッドブルがホンダのF1エンジンの運用を引き継いで、両方のチャンピオンシップをリードしていない。

ホンダの経営陣がレッドブルを“表敬訪問”でF1への関与に様々な憶測

2022年7月10日
ホンダの経営陣がレッドブルを“表敬訪問”でF1への関与に様々な憶測 / オーストリアグランプリ
ホンダの経営陣は、今週末のオーストリアグランプリに出席する予定であり、そこには単なる“表敬訪問”を超えたF1に関する理由があるとの憶測を煽っている。

ホンダは、2021年末に正式にF1から撤退したが、HRC(ホンダ・レーシング)という別会社の名前でF1パワーユニットの製造と保守を請け負い、レッドブル・パワートレインズを介してレッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリに供給している。

レッドブルF1首脳 「ホンダのエンジンはレッドブルリンクで威力を発揮」

2022年7月8日
レッドブルF1首脳 「ホンダのエンジンはレッドブルリンクで威力を発揮」 / オーストリアグランプリ
レッドブルF1のモータータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ホンダ製のF1パワーユニットのターボチャージャーが標高の高いレッドブルリンクでのレッドブル・レーシングの後押しになると考えている。

ホンダは2021年にF1から撤退したが、HRC(ホンダ・レーシング)で製造されたF1エンジンはレッドブル・パワートレインズを介してレッドブル・レーシングおよびスクーデリア・アルファタウリのF1マシンに搭載されている。

レッドブルF1代表 「ホンダと2026年エンジンについての議論はない」

2022年7月5日
レッドブルF1代表 「ホンダと2026年エンジンについての議論はない」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2026年にホンダがF1に復帰する可能性について、レッドブル内で「議論はない」と語る。

2026年にF1参入する可能性のあるポルシェとのコラボレーションがここ数週間でますます登場するにつれて、ホンダがF1から撤退するという2021年末の決定を再考する可能性があるという噂が浮上し始めまた。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム