レッドブルF1首脳 「ホンダのエンジンはレッドブルリンクで威力を発揮」 / オーストリアグランプリ
レッドブルF1のモータータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ホンダ製のF1パワーユニットのターボチャージャーが標高の高いレッドブルリンクでのレッドブル・レーシングの後押しになると考えている。

ホンダは2021年にF1から撤退したが、HRC(ホンダ・レーシング)で製造されたF1エンジンはレッドブル・パワートレインズを介してレッドブル・レーシングおよびスクーデリア・アルファタウリのF1マシンに搭載されている。

レッドブルのホームレースであるオーストリアグランプリは、2019年にレッドブル・ホンダのコラボレーションにマックス・フェルスタッペンが初勝利を届けた舞台となる。

2020年にメルセデスF1はレッドブルリンクの2つのレースで優れていることが証明したが、昨年はマックス・フェルスタッペンはポールポジションからシュタイアーマルクグランプリとオーストリアグランプリの両方で優勝した。

マックス・フェルスタッペンとレッドブル・レーシングがオーストリアで非常に強い理由を質問されたレッドブルF1のアドバイザーであるヘルムート・マルコは、シュピールベルクの海抜600メートル以上に位置するレッドブル・レーシングでホンダF1の「特別なターボチャージャー」が高い高度で特にうまく機能していることを挙げた。

「エンジンが我々のパフォーマンスの大きな部分を占めていることを忘れてはならない」とヘルムート・マルコはServusTVに語った。

「そして、ホンダには特別なターボチャージャーがある。それはここ数年で670メートルの高度で小さいながらも決定的なアドバンテージを持っている」

「ホンダは、より高い高度でうまく機能するエンジンを構築している。何と言っても、ホンダエンジンでの我々の最初の勝利はオーストリアだった」

「それは協力にとって非常に重要だったし、特に2025年まで我々はこのパワーユニットに頼ることができる」

また、ヘルムート・マルコは、F1ドライバーがレッドブルが所有するレッドブルリンクで開催されるF1オーストリアグランプリを楽しむだろうと語った。

「我々は谷の真ん中に非常にユニークなトラックを持っている」とヘルムート・マルコは語った。

「このサーキットは、ほとんどのドライバーにとってもリストの上位にある」

「もちろん、シンガポールのようなトラックのセンスは欠けていますが、ドライバーは挑戦、おもてなし、そして、もちろん、シュニッツェルが大好きだ」

「ビーガンである(ルイス)ハミルトンを除いてね」

レッドブル・レーシング ホンダF1 オーストリアグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1オーストリアGP