F1ドライバーのルイス・ハミルトン、マンチェスター・ユナイテッドの買収入札に参画
メルセデスのF1ドライバーであるルイス・ハミルトンは、プレミアリーグ(イングランド)のマンチェスター・ユナイテットの買収入札に参画すると The Mirrorが報じている。

マンチェスター・ユナイテッドは間違いなくイングランド最大のクラブだ。しかし、クラブは何年にもわたって高い期待に応えることができず、サポーターは現在の所有者であるグレイザー家を非難している。

報道によると、グレイザー家はマンチェスター・ユナイテッドの売却を検討しており、現在候補者を探しているという。いくつかの関係者がすでに入札を申し出ており、世界的な化学事業会社 INEOS の最高経営責任者でもあるジム・ラトクリフもそのうちの1つに数えられている。

ルイス・ハミルトンは、友人でありビジネス パートナーであると考えているジム・ラトクリフと足並みをそろえている。マンチェスター・ユナイテッドを買収するために数十億ドルがテーブルに上ると予想されているため、彼はドライバーの助けを十分に活用することができる。また、ハミルトンにとっては、F1からの引退後に新たな目標を立てるために、ビジネスの世界への道を歩むことは重要だ。

以前、2 人は共同でチェルシーの買収を試みたが、最終的に、アメリカ人のトッド・ボーリーが結成したコンソーシアムが入札を勝ち取った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス