ルイス・ハミルトン 「メルセデスF1は2023年に勝てると1000%確信」
ルイス・ハミルトンは、メルセデスF1チームが2023年にF1で勝利を収めるマシンを作る能力に1000%の自信を持っていると語った。

メルセデスF1チームは、グランドエフェクトカーに変貌を遂げた新世代F1マシンのW13の複雑さに苦戦し、ルイス・ハミルトンは困難なF1シーズンの最終段階に入っている。

メルセデスF1チームチームの問題の規模は、特にシーズン前半にメルセデスW13のバウンシングとポーパシングの特性を中心に展開し、ルイス・ハミルトンがF1デビュー以来、初めて1勝も挙げることなくシーズンを締めくくる可能性が高い。

ブラックリーだけでなく、ブリックスワースでも、メルセデスのF1エンジニアは W13 に埋め込まれた謎を理解し、解決するために精力的に取り組み、徐々に、車の不安定な挙動を把握できるようになった。

その結果、メルセデスF1は実力で表彰台を獲得するまで立ち直ったが、ルイス・ハミルトンは、2023年はチームとドライバーにとって非常に異なるストーリーになると確信している。

「それは常に複雑だ。でも、僕としては『僕たちは過去に非常に強かった。ワールドタイトルを獲得した。僕たちのコミュニケーションは改善し続けている』と言いたい」とルイス・ハミルトンは語った。

「僕たちはより多くのミーティングを行っており、グループそれぞれでも会話をしている。そして、マシンの中で感じていることや、タイムを稼ぐことができる制限について、できるだけ多くのフィードバックを提供できるように努めている」

「これらはデータでは見ることができないものであり、ドライバーが持ち込むことができるものだ。だから、それについてもジョージと緊密に協力している」

2022年の最後の6レースは、メルセデスF1チームが 2023年マシンである『W14』の設計仕様を定義するのに決定的に役立つ可能性がある。しかし、ルイス・ハミルトンはチームが設定した方向性にすでに「満足」していると語る。

「クルマにはポテンシャルがある。ダウンフォースはあるけど、それを利用できていない場所があるだけだ」とルイス・ハミルトンは語った。

「もちろん、乗り心地は常に改善できる領域だ」

「だから、僕は、僕たちが進んでいる方向性に満足しているし、ファクトリーに戻ってパズルのピースをすべてつなぎ合わせている人たちに1,000%の信頼を置いている。来年、僕たちが戦える立場に戻ることに疑いの余地はない」

ルイス・ハミルトン F1 メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス