F1:ルイス・ハミルトン 「WシリーズからF2に進める道筋を整えるべき」
ルイス・ハミルトンは、F1ハンガリーGPの週末にWシリーズのパドックを訪問。同カテゴリーを卒業するためのより良いシステムの構築を求めた。

F1のレース週末にサポートレースとして組み込まれている女性だけのレースのWシリーズは、今年で3シーズン目に入っている。ウィリアムズF1が支援するジェイミー・チャドウィックが、シーズン最初の5つのレースで連続して勝利し、チャンピオンシップ リーダーとなっている。

しかし、フォーミュラ・リージョナルのレベルのWシリーズはスーパーライセンスポイントが提供されるものの、ジュニアのはしごを上って成功を収めたドライバーに報酬を与えるための規定はない。

ジェイミー・チャドウィックは、2022年に復帰する前に2019年と2021年に両方のタイトルを獲得し、現在の75ポイント差をつけてチャンピオンシップをリードしている。

F1ハンガリーGP週末にWシリーズを訪れたルイス・ハミルトンは、おそらくWシリーズのチャンピオンがF1への道の最後のジュニア カテゴリーであるF2に進む道筋を整えることが望ましいと考えている。

「僕は一年中、そして、ここ数年、Wシリーズをフォローしてきた。インスピレーションを与える若い女性に会いたかったので、そこに行ってみたかった」とルイス・ハミルトンはWシリーズを訪問した目的についてGPFansに説明した。

「セッションの合間にレースを見てきた。Wシリーズがあることは素晴らしいことだと思うけど、スポーツとして、若い女の子がスポーツに参加するためにもっと多くのことをする必要がある」

「これらの女性にとって、Wシリーズからの進歩はない。あれから3年が経ったけど、僕たちは創造することに真剣に取り組む必要がある…勝ったら、F2に進んでシートを獲得するようにするのはどうだろう?」

「僕たちは間違いなく、これらの女の子をサポートするためにもっと多くのことができる」

この問題について自分の意見を表明するかと質問されたルイス・ハミルトン「そうするつもりだ」と答えた。

Wシリーズは、ジュニアレーシングのラダーへの素晴らしい追加要素であり、F1パドックの注意深い監視下で、女性の競技者がカートを超えてレース経験を積むための専用カテゴリーを提供すると同時に、将来のスターを探しているF2 およびF3のチームにスキルをフルに発揮することもできる。

しかし、まだWシリーズの3シーズン目に過ぎず、この前例のないレベルの機会に触発されたジュニア ランクを通じて、女性の才能の流れを生み出すには、さらに何年もかかるだろう。

たとえば、ルイス・ハミルトンが所属するメルセデスF1チームには、ジュニアランクで最も輝かしい女性カートスターの1人であるルナ・フルクサがいる。しかし、彼女は 2010年生まれであり、これがいかに長期にわたるプロジェクトであるかを示している。

間違いなく、現在のWシリーズ フィールドには多くの才能がいるが、ジュニアラダーの他の場所で支配的なジェイミー・チャドウィックは、F3クラスよりも高くレースをしたことはない。そのため、準備が整う前にドライバーをはしごの上に押し上げると、キャリアに非常に悪い影響を与える可能性がある。

ルイス・ハミルトン メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス