F1:ルイス・ハミルトン、映画「トップガン マーヴェリック」への出演を断念
ルイス・ハミルトンは、F1へのコミットメントのためトム・クルーズ主演のヒット映画「トップガン:マーベリック」に戦闘機のパイロットとして出演するというオファーを断らなければならなかったと明かした。

7回のF1ワールドチャンピオンは、トップガンへの切望していたと Vanity Fairに語った.。

「基本的に、トム・クルーズは友人だ」と37 歳のルイス・ハミルトンは語った。

「何年も前に彼が『Edge of Tomorrow』をやっていたとき、彼は僕を彼のセットに招待してくれた。それから僕たちは時間をかけて友情を築いてきた」

ルイス・ハミルトンは、1986年のオリジナルの映画「トップガン」の大ファンだったと語った。

「2作目が出てくると聞いたとき、『なんてことだ。彼に尋ねなければならない』と思った。僕は『どんな役でも構わない。後ろの掃除人の役でもいい。掃除でも何でもする』とと言った」

パイロットとしての役割をオファーされたルイス・ハミルトンは、「これまで受けた中で最も動揺する電話」で辞退を伝えなければならなかったと語った。

ルイス・ハミルトンは、F1アブダビGPの最終レースの最終ラップで、セーフティカーの論争の後、昨年のタイトルをレッドブルのマックス・フェルスタッペンに失ったトラウマについても語った。

ルイス・ハミルトンは、その瞬間を「最悪の恐怖が現実になった」時だと表現した。

「彼らが僕から騙し取るわけがない。そんなことはあり得ないと思っていた。それが起こったわかではないのは確かだけどね」とルイス・ハミルトンは説明した。

「信じられないという気持ちでただそこに座っていたのを覚えている。そして、シートベルトを外さなければならない、そこから抜け出さなければならない、このことから抜け出さなければならない、強さを見つけなければならないことに気づいた」

「僕にはその力がなかった。そして、それは僕が長い間経験した中で最も困難な瞬間の1つだった」

また、ルイス・ハミルトンは、レース中のジュエリーの着用の論争について、説明できない部分をピアスをつけているとコメントしたことについて釈明した。

「本当は他にはどこにもピアスはつけていない」とルイス・ハミルトンは語った。

当初はピアスを外すことを渋っていたルイス・ハミルトンだったが、最終期限となったF1イギリスGPではすべてを外してレースに臨んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス