ルイス・ハミルトン、ジュエリー禁止令違反でF1イギリスGP出走禁止の恐れ
ルイス・ハミルトンに与えられたジュエリー禁止令の猶予期間は、F1イギリスグランプリ前の木曜日に終了する。

今週は、ユーリ・ビップス、ネルソン・ピケと人種差別的な発言に注目が集まっているが、FIA(国際自動車連盟)はジュエリー禁止令に注意を向けることになる。

今シーズン、F1の新しいレースディレクターは、グランプリ中にジュエリーを着用することは禁止されていると発表した。これは新しいレギュレーションではないが、ニールス・ウィティッチとエドアルド・フレイタスは安全上の理由に基づいて施行することを決定した。

多くのピアスをつけているルイス・ハミルトンは「動かせないものがあり、右耳にあるものは文字通り溶接されているので、切り刻む必要がある」と明かした後、ドライバーには猶予期間が与えられた。

免責条項に喜んでサインすると述べたルイス・ハミルトンは「取り外す予定はない。個人的なものがあると感じているし、自分が誰であるかでいることができるべきだ。僕はそれを続けていく」と続けた。

猶予期間はルイス・ハミルトンのホームレースであるF1イギリスグランプリでのFIAとの衝突につながった。

Daily Mail は、猶予期間が木曜日に満了することを報告しているが、ルイス・ハミルトンは論争の的となっている鼻ピアスを保持している。

「FIAも退いていない。少なくとも今のところは。モハメド・ビンン・スレイエム会長は、以前は施行されていなかったジュエリーのレギュレーションが重要な安全上の問題であるという彼の主張に固執することに熱心だ」

しかし、大きな問題は、FIAがそれについて正確に何ができるかということだ。

Daily Mail によると、彼らはドライバーのレースを禁止することができるという。

「ルイス・ハミルトンは、コックピットでジュエリーを身に着けていることをめぐる争いが沸点に達した場合、イギリスグランプリから追放される可能性に直面している」

「最も極端な状況では、ハミルトンはジュエリーをつけたままトラックに出ることで彼のホームレースで競争することを禁じられる可能性がある。日曜日にシルバーストンで予定されている14万人のファンの怒りをテストする動きになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1イギリスGP