F1:ロス・ブラウン 「ハミルトンは問題解決のためにレースを犠牲にしてきた」
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンがF1引退など考えていないと語る。

2021年の最終戦アブダブGPのファイナルラップで記録的な8回目のタイトルを失った後、冬の間の長い沈黙を保ったことで将来についての憶測が広まったルイス・ハミルトン。だが、その間にF1の歴史を書き換える意欲を高めたようで、2022年シーズンに戦いに戻ってきた。

しかし、最初の6ラウンドでパフォーマンスが低かったメルセデスW13は、タイトルの会話から外れていた。現在、ルイス・ハミルトンはドライバーズランキングで8位にいる。

これらのオープニングラウンドで、ルイス・ハミルトンにもかなりのフラストレーションを露わにした。最近では、マイアミグランプリで戦略判断について、ドライバーとチームの間で意見の相違があった。

それにより、再びルイス・ハミルトンの将来についての憶測が始まり、今シーズン終了後、さらにシーズンが終わる前でさえ、F1を去ることになると信じている人もいる。
しかし、ロス・ブラウンは、ハルイス・ミルトンがミハエル・シューマッハを超える8番目のタイトルを獲得することに焦点を合わせ続けていると信じている。

「すべての華やかさと魅力の中で、まだ非常に決心したレーシングドライバーがいる」とロス・ブラウンは Evening Standardに語った。

「彼はまだ最高の体力と能力を持っている。彼が8回目のチャンピオンシップに勝ちたいと思っていると確信している。今年でなければ、おそらく来年はそうなるだろう」

「メルセデスの問題が、現在の車のコンセプトで修正できるかどうか、またはコンセプトを見直すする必要があるかどうかは私には十分には分からない。だが、彼らはそれを整理すると私は確信している・・・しかし、彼らが扱っているものは明らかに非常に脆い」

また、ルイス・ハミルトンは、オープニング5レースのうちの3レースでセーフティカーが多大なコストをかけたものの、彼の新しいチームメイトであるジョージ・ラッセルの順位表で後れを取っている。

エミリア・ロマーニャGPでは、ジョージ・ラッセルの方が明らかにパフォーマンスの良いドライバーであり、ハミルトンが「DRSトレイン」でスタックしてポイントを獲得できなかった一方で、4位でフィニッシュした。

しかし、ロス・ブラウンは、ルイス・ハミルトンがメルセデスW13のデータを収集し、それらの問題の解決策を見つけるために彼自身のレースを犠牲にしてきたと理解している。

「これらの最初の数レースで彼は解決策を探してきた。解決策に到達するために、車のさまざまなセットアップを試してきた」とロス・ブラウンは語る。

「おそらく、彼はチームが問題を解決するために使用できる情報とデータを取得しようとしてレースを犠牲にしていた」

「それは私がチームから得たフィードバックだが、ジョージはより一般的な道をたどっている…そしてルイスは問題の解決に着手しようとしている」

「だからこそ、ジョージが過去数レースで彼をアウトクオリファイし、アウトレースしたと言う人々は、全体像を見ることができないと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス