F1:ルイス・ハミルトンの沈黙はトト・ヴォルフと距離を置くため?
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、昨年のF1アブダビGPからルイス・ハミルトンが沈黙を続けているのには別の理由があると考えている。

物議を醸すファイナルラップのリスタートでマックス・フェルスタッペンとのタイトル争いに敗れたルイス・ハミルトンは、それ以来、ソーシャルメディアを含めて完全に沈黙しており、2022年シーズンが始める前にF1を引退するかもしれないとの噂が渦巻いている。

ジャック・ヴィルヌーヴは、ルイス・ハミルトンが記録破りの8回目のF1ワールドチャンピオンを獲得する可能性を検討しており、それに基づいて続行するかどうかを決定すると考えている。

「ハミルトンに簡単に勝つことができるかどうかはメルセデスが彼に与えるマシン次第だ」とジャック・ヴィルヌーヴはGazzetta dello Sportに語った。

「ルイスも少し疲れている。ニコ・ロズベルグが去った後、彼はやや楽なシーズンを過ごしてきた。彼は昨シーズンのようにもう一年は過ごしたくないだろう」

「彼は記録的な8回目のタイトルを簡単に獲得できると思っていたが、それは実現しなかった」

「手に持っていたダイアモンドを、突然、手から奪われたようなものだ。それはフェルスタッペンがシンプルにレース全体をリードしていた場合よりもはるかに痛い」

また、ジャック・ヴィルヌーヴは、ルイス・ハミルトンが自分自身とメルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフとの間に明確な距離を置くために努力しているかもしれないと信じている。

トト・ヴォルフは、テーブルを叩いたり、ヘッドホンを投げたり、2021年にインターネット・ミームになったりするといった、レース中にドラマチックなアクションや無線メッセージを送るトト・ヴォルフの反応をルイス・ハミルトンんでいないかもしれないと示唆した。

「私はまた、ハミルトンの沈黙を、彼が自分とヴォルフの間にある程度の距離を置きたいと思っているからだと解釈している」とジャック・ヴィルヌーヴは説明した。

「結局のところ、潔く負けを認めなければならないかもしれないが、トトはモノポリーをプレイしている人のように振る舞った。彼は負けた瞬間、ボード全体を空中にぶん投げる」

トト・ヴォルフの無線メッセージ『マイケル!ノー、マイケル!ノー!ノー、マイケル!それはとても正しくはない!』でF1アブダビGPに拡散した。ジャック・ヴォルヌーヴは、ルイス・ハミルトンがそれに関わることを望んでいないと感じている。

「そうすることで、私の意見では、ヴォルフはイメージに多くのダメージを与えた」とジャック・ヴィルヌーヴは語った。

「ハミルトンは、アメリカ、おそらくハリウッドでさえ、自分の将来について考えているので、そういったことに敏感だ」

現在、ルイス・ハミルトンは、アメリカのコロラドでリラックスしながらトレーニングをしていると伝えられており、トト・ヴォルフは2月までハミルトンと会うことはないと語っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス