「F1から今引退すればハミルトンには一生悪い印象が付いて回る」とマリオ・アンドレッティ
元F1ワールドチャンピオンのマリオ・アンドレッティは、F1引退が囁かれるルイス・ハミルトンが今、引退すれば、一生ネガティブな印象が付いて回ることになるだろうと語る。

物議を醸したF1アブダビGPの最終ラップでマックス・フェルスタッペンに2021年のF1ワールドチャンピオンを奪われた後、ルイス・ハミルトンは「操作された」という言葉を残してサーキットを去り、それ以来、沈黙を貫いている。

この沈黙は、ルイス・ハミルトンのF1キャリアが終わった可能性があると推測する専門家もいるが、その一方で、2月中旬にF1アブダビGPの論争に関するFIA(国際自動車連盟)の報告が発表された後、進退を決めるとの報道もある。

しかし、1978年のF1ワールドチャンピオンのマリオ・アンドレッティは、ルイス・ハミルトンが戻ってくると確信していると語る。

「そう思う。彼はおそらく自分自身に不利益を与えることになると思う。おそらく、彼の立場からするとネガティブな状況で去ることになるだろう」とマリオ・アンドレッティはRacingNews365.comに語った。

「他の人の心を理解するのは難しいが、私ならば『君は分かっているはずだ。そこから抜け出して彼らに示してやれ』と言うだろう」

「彼は8回目のワールドタイトルを獲得して孤高の人になれる大きなインセンティブを持っている。これ以上のインセンティブは望めるか?」

「彼は、楽しみ、そこに出て、まだ戦うことがたくさんある。彼は戦うことができるすべての材料を持っている。私はそう見ている」

「彼のファン全員がそれを見てみたいと思っていると確信している。そして、2つのチームと2人の素晴らしいドライバーの間のこの大きな競争というこの物語を続けてほしいと思っているはずだ」

ルイス・ハミルトンの敗北とマックス・フェルスタッペンの勝利についてまだ警戒している人もいますが、マリオ・アンドレッティは、フェルスタッペンがチャンピオンにふさわしいとは言えないと感じている。

その後の論争を引き起こした幸運の女神、セーフティカーを引き起こしたニコラス・ラティフィのクラッシュによる“奇跡”によってマックス・フェルスタッペンはタイトルを獲得できたが、実際、フェルスタッペンはシーズンで最も多くの勝利を挙げ、どのドライバーよりも多くのラップをリードした。

「結局のところ、私の意見では、最終的な結果について議論することはできない」とアンドレッティ・アンドレッティは語る。

「たとえばシルバーストンで何が起こったのかを見てみれば、ルイスは不運についてあまり文句を言うことはできない」

「シルバーストンでは、彼は最大のライバルをノックアウトし、マシンにダメージを与え、レースに赤旗を立てた。その後、ライバルが病院にいるときに、マシンを修理し、前に出て、レースに勝つことができた」

「マックスは確かにワールドチャンピオンに値する。マックスはそれを実現するには奇跡が必要だったことをよく知っている。そして、奇跡は誰も予測できなかったラティフィのクラッシュだった」

「しかし、それが我々のスポーツの美しさだ。最後まで何が起こるか分からない。それを受け入れる必要がある」

「ずっと泣いていることはできるが、最後の瞬間、決定的な瞬間にそのようなことが起こったのは今回だけではない」

「全体的なエンディングとしては、F1は2021年を本当に素晴らしいシーズンと見なすことができると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス