ルイス・ハミルトン、2022年の現役続行をメルセデスF1に通知との報道
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1を引退する予定はなく、2022年に再び前人未踏の8回目のF1ワールドチャンピオンを目指すことになるようだ。

ルイス・ハミルトンは、2021年の最終戦F1アブダビGPで苦痛と物議を醸す状況でマックス・フェルスタッペンに王座を明け渡すことになった。レース直後の必須のパルクフェルペインタビュー以降、F1アブダビGPの最後の数周の劇的な出来事について口を閉ざしている。

レース後のインタビューでは「来年について見てみるつもりだ」と語ったルイス・ハミルトンは、F1アブダビGPの土曜日からソーシャルメディアも更新しておらず、F1の公式アカウントのフォローを解除。フォロー中のアカウントはゼロとなっている。

メルセデスF1は、F1アブダビGPの結果について抗議をしたが、スチュワードは却下。上訴の可能性も示唆していたが、最終期限となる72時間後までに抗議を取り消すことを発表した。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンがF1アブダビGPの物議を醸す出来事に「幻滅」したままであり、スタードライバーがF1から引退することを危惧していると語っていた。

しかし、ベテランF1ジャーナリストのフランコ・ヌグネスは、ルイス・ハミルトンがF1を離れないことをメルセデスにすでに確認していると伝えた。

「ハミルトンは、有効な2年間の契約を破棄しない。したがって、来年はジョージラッセルと組むことになる」とフランコ・ヌグネスは伝えた。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは「我々は、今後数週間から数か月にわたってイベントに取り組んでいく。彼はゲームのピークにいるので、レーサーとして彼の心は『僕は続ける必要がある』と言うと思う」とコメント。

「しかし、彼は明確な価値観を持った男であり、それが起こったことを理解するのは難しいので、日曜日に彼に引き起こされた痛みを克服する必要がある」

「しかし、我々が競技の公平性とスポーツの信憑性の基本原則を破れば、ランダムな意思決定にさらされるため、突然ストップウォッチは関連性を失う。我々はランダムな意思決定にさらされているからだ。愛を失うかもしれないのは明らかだ」

「したがって、我々は日曜日に起こったことを消化するのに長い時間がかかるだろう。それを乗り越えることは決してないと思う。それは可能ではない。ドライバーとしてそれは確かだ」

「我々2人とチームの他のメンバーが出来事を乗り越えられることを強く望んでいる。FIAとF1と一緒に、この状況を利用して今後のスポーツを改善することができることを望んでいる」

「だが、我々は日曜日に引き起こされた痛みと苦痛を克服することは決してない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス