敗北のルイス・ハミルトン、無線で本音 『これは操作された』 F1アブダビGP 決勝
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、パルクフェルメに向かう無線で一度だけ自分の本音を明らかにした。

終了間際のセーフティカーで、ルイス・ハミルトンは後続との差によってピットに入ることができず、最終ラップで新品ソフトのマックス・フェルスタッペンを使い古したハードタイヤでは抑えることができなかった。

特にセーフティカー中にバックマーカーに関して不可解な指示の変更もあり、レースの大部分を支配していたにも関わらずにF1ワールドチャンピンを失うのは苦痛に違いないが、ルイス・ハミルトンはチェッカーフラッグで落ち着きを保っていた。

ルイス・ハミルトンはチーム無線で沈黙を守り、パルクフェルメでしばらくマシンのなかでしばらく自分自身を落ち着かせた。そして、マシンから降りると、マックス・フェルスタッペンに近づき、ハグをして祝福した。

しかし、短いお祝いの表彰台のインタビューを除いて、ルイス・ハミルトンはメディアに話したり、レース後の記者会見に出席することはなかった。

その後、ルイス・ハミルトンの短い無線メッセージが明らかになった。そこでは、失望したルイス・ハミルトンは『これは操作された」と本音を語った。

メルセデスF1は、チェッカーフラッグが振られてからずっと沈黙しており、チーム代表のトト・ヴォルフもトラックを離れる前にメディアと話すことを拒否した。

メルセデスF1は、スチュワードに2つの抗議を提出したが、どちらも後にスチュワードによって却下された。現状では、メルセデスF1は上訴する意向を確認しており、木曜日まで(チェッカーフラッグが下がった96時間後)に上訴する必要がある。

レース後のプレスリリースもなく、通常、レースの後にメディアと話すメルセデスのアンドリュー・ショヴリンもその通常の機会を断った。メルセデスのソーシャルメディアアカウントでさえ、ほとんど沈黙しており、抗議に関連する文書をツイートし、訴える意図の声明を投稿するだけとなっている。

ルイス・ハミルトンとトト・ヴォルフは、木曜日にFIAの授賞式で、FIAトロフィー(ドライバーズチャンピオンシップで2位のハミルトン、優勝コンストラクターの代表としてトト・ヴォルフ)を授与される予定となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1アブダビGP