F1:ルイス・ハミルトン 「1人だけルールを理解できていないドライバーがいる」とフェルスタッペンを暗に批判
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、マックス・フェルスタッペンに追突したF1サウジアラビアGPの後、「コース外から追い越してはいけないというルールを理解できていないドライバーが1人だけいる」とマックス・フェルスタッペンを批判した。

マックス・フェルスタッペンは、F1ブラジルGPでルイス・ハミルトンをコース外に押し出すディフェンスをしたが、スチュワードはこのインシデントを調査しないことを決定し、メルセデスF1の再審請求も棄却された。

レース後、メルセデスF1は、その裁定が先例になることを恐れており、今後はポジションを獲得または維持するためにコースを離れることが許可されると懸念を示していた。

F1サウジアラビアGPでは、マックス・フェルスタッペンがターン1でルイス・ハミルトンに2回にわたってコース外の走行で留まり、FIAは2度彼にポジションを戻すように命じた。

1回目は赤旗後でグリッド上でポジションがリセットされ、2回目はコース上でルイス・ハミルトンにポジションを返すが明示されて減速したが、双方の誤解によってストレートでハミルトンが追突し、フェルスタッペンはレース後に“不安定”なブレーキングだったとして10秒ペナルティを科された。

これは、シルバーストンとモンツァでの2回のクラッシュも含めたインシデントの最新エピソードだ。

ルイス・ハミルトンは、マックス・フェルスタッペンのいくつかの行動が「限度を超えていた」と語ったっており、レースコントロールからの明確なガイダンスの欠如が水を濁し、ジェッダでのさらなる論争への扉を開いたと考えている。

ルイス・ハミルトンは、他のすべてのドライバーは、コース外から追い越してポジションを維持することはできないことを理解しているが、「僕たちの1人には当てはまらない」とマックス・フェルスタッペンを暗示した。

「レースのやり方を変えたとは思わない」とルイス・ハミルトンは語った。

「今年、複数のインシデントを目にしてきた。ブラジルでもそうだった。僕たちは白線の中でレースをすることになっているけど、スチュワードはルールを明確できていないので、そのよなこと許可されて、続いている」

「僕の理解では、コースを外れてオーバーテイクやポジションをキープできない。すべてのドライバーがよく理解していると思うけど、“僕たちのひとりにはには当てはまっていないようだね」

周りの他の人が追い越すためにそれをあらゆる種類のレベルに持っていくことをいとわないことは明らかだったので、私はそれを軌道に乗せてトラブルを避けようとしました

「オーバーテイクするためにあらゆるレベルの手段を講じることを厭わないことは明らかだった。だから、僕はコース上に留まり、トラブルを避けようとしていた。できるなら、インシデントは避けるということだ」

 サウジアラビアGPでのフェルスタッペンとの接触後、ハミルトンは無線で”クソッ、なんてクレイジーな奴だ”と不満をこぼしていた。

ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンは、最終戦F1アブダビGPに同点で乗り込む。

レース中のインシデントでフェルスタッペンのタイトルが決定することを心配する瞬間は合ったかと質問されたルイス・ハミルトンは「そういったシナリオをあのケースで感じていたの確かだ」と答えた。

「衝突を避けなければいけなかったのは今回が初めてではない。でも、あの瞬間はそうも感じたよ」

「熱くなっている時に言ったことは、後から見直せば、違った感想を持つこともある。でも、あの瞬間はそう感じた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1サウジアラビアGP