ルイス・ハミルトン、減速したフェルスタッペンを抜きにいかなかった理由 / F1サウジアラビアGP 決勝
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1サウジアラビアGPでマックス・フェルスタッペンが自分にポジションを返すために減速したときに抜きにいかなかった理由を説明した。

マックス・フェルスタッペンは、ターン2でコース外に出てルイス・ハミルトンの前に出たことで、レースコントロールはレッドブルにリードをルイス・ハミルトンに返すよう指示した。

マックス・フェルスタッペンは、最終コーナーへのアプローチで減速したが、ルイス・ハミルトンはすぐに抜きにはいかず、フェルスタッペンに追突してフロントウイングにダメージを負った。

ルイス・ハミルトンはダメージを負ったマシンでレースを続行することができ、最終的にマックス・フェルスタッペンをオーバーテイクして優勝。レース後、二人はスチュワードに召喚され、マックス・フェルスタッペンに10秒ペナルティとペナルティポイントが科された。

ルイス・ハミルトンは、チームからマックス・フェルスタッペンが自分にポジションを返そうとしていることは伝えられていなかったが、フェルスタッペンがスタート/フィニッシュストレートで自分のDRS圏内に入ることを警戒していたと説明した。

「 2つのシナリオがあった。1つは明確ではないもので、2つ目は情報を取得できていなかた」とルイス・ハミルトンは語った。

「その後、彼が僕を抜かせようとしていたことが明らかになった。彼はDRSゾーンの前でそうするように指示されていたと思う」


「つまり、彼はDRSの検知ポイントで抜かせて、最終コーナーで僕についてきて、ターン1までDRSを使うという戦術だった」

「でも、最悪のパートは急な激しいブレーキングだった。ある時点でそれが起こり、僕たちは接触した。それは危険なパートだった」

「二人ともリタイアしなかったことに感謝している。僕にとっては、両方のレースを終えて、ポイントを獲得する必要がある。このような状況でそうするのは難しい。でも、なんとかマシンを1ピースに保つことができた」

レースに勝利し、ファステストラップも記録したルイス・ハミルトンは、ドライバーズ選手権でマックス・フェルスタッペンと同点で最終戦アブダビGPを迎える。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1サウジアラビアGP