ルイス・ハミルトン 「フロントとリアに同時に熱を入れるのに苦労」 メルセデス F1サウジアラビアGP 予選
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1サウジアラビアGPの予選でポールポジションを獲得した。

「この場所は正しく走りのが最も難しいコースのひとつだ。ずっと限界を攻めていたし、マシンもギリギリだった。タイヤのパフォーマンスを最大に引き出すのがとても難しい」とルイス・ハミルトン。

「ここはとても暖かいけど、ラップのスタートでグリップを得るためにフロントとリアに同時に熱を入れるのに苦労した。その理由を理解するのが難しい」

「明日フロントローに並べることをとても誇りに思うし、感謝している。激しいレースになるだろう。1年のこの時期は特に、僕の隣にバルテリがいてくれることがいつだって重要だ。彼は本当に素晴らしい走りをしているし、明日は一緒に良い仕事を果たせることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1サウジアラビアGP