ルイス・ハミルトン 「ルクレールはフェラーリF1のリーダーに成長した」
ルイス・ハミルトンは、フェラーリF1の“リーダー”になるために成長してきたシャルル・ルクレールを称賛している。

シャルル・ルクレールは、2020年代のフェラーリF1の“顔”として選ばれた男であり、2019年の加入初年度には2勝を挙げ、当時のチームメイトであるセバスチャン・ベッテルに対してすぐに自分自身を主張した。

そして、新型コロナウイルスのパンデミックにとって2020年シーズンが開幕していない段階で、フェラーリはセバスチャン・ベッテルがシーズン終了後にチームを離れることを発表。シャルル・ルクレールは明らかなチームリーダーに選ばれ、2021年にカルロス・サインツをチームメイトに迎えた。

2022年はフェラーリF1にとって最悪の年であり、コンストラクターズ選手権で6位で終了。しかし、今年は挽回を見せており、マクラーレンと3位を争っている。

新加入のカルロス・サインツは、これまでのフェラーリの合計250.5ポイントのうち122.5ポイントを獲得しており、シャルル・ルクレールのサポート役以上の働きができることを証明したが、それでも、ルイス・ハミルトンが称賛の言葉を送ったのはルクレールだった。

「シャルルがどのように成長したかを見るのは素晴らしいことだ。彼は驚異的なチームのリーダーになった」とルイス・ハミルトンは語った。

「もちろん、彼らは困難な時期を過ごしたけど、ますます強くなっている。彼らは再び速さを取り戻し、ランキングを上げている。ゆっくりと彼らはフロントチームに追いついてきている」

ルイス・ハミルトンはもちろん、シャルル・ルクレール同じ24歳のマックス・フェルスタッペンと今年のチャンピオンシップをかけて激しい戦いを繰り広げている。

だが、ルイス・ハミルトンは、シャルル・ルクレールもそのレベルまで進歩を果たすはずだと期待する。

「彼はまだとても若く、素晴らしい旅を続けている。さらに成長し、さらに強くなるクラスを持っている」とルイス・ハミルトンは語った。

「彼はキャリアの早い段階で、自分のポテンシャルを示してきた。彼のチームは進歩するだけであり、彼はそれとともに成長している。もっと一緒にレースをすることを願って、将来を楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / フェラーリ / シャルル・ルクレール