ルイス・ハミルトン 「レッドブルが形勢を逆転させたのは驚きではない」 メルセデス F1アメリカGP 予選
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1アメリカGPの予選でレッドブル・ホンダが形勢を逆転させたことに驚いてはいないと語る。

ロシアとトルコでの過去2戦では、メルセデスのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスがそれぞれ勝利を挙げ、タイトル争いでレッドブル・ホンダに対してパフォーマンスの優位性を得たように見えた。

F1アメリカGPでもメルセデスが1-2で支配的なスタートを切ったかのように見えたが、その後、流れは変わり始め、マックス・フェルスタッペンは、予選の3つすべてのセグメントでルイス・ハミルトンよりも速かった。

その結果、これまでメルセデスの牙城だったサーキット・オブ・ジ・アメリカズで初めてメルセデス以外のマシンがポールポジションを獲得。マックス・フェルスタッペンと3番手のセルジオ・ペレスがルイス・ハミルトンを挟む形で決勝を迎える。

バルテリ・ボッタスは4レースで3度目のエンジンペナルティによる5グリッドペナルティで4番グリッドから9番グリッドに降格する。

レッドブル・ホンダが土曜日に形勢を逆転させてきたことに驚いたかと質問されたルイス・ハミルトンは「週末を通してその兆候が見られたと思うので、必ずしも驚きではなかった」とコメント。

「僕たちはFP1で良さそうだったけど、今日は風向きが変わり、彼らに追いつくのに苦労した。私の好ましい日ではなかったけど、明日は戦うことができる」

サーキットに詰めかける予想される14万人の観客にとって、今シーズン、多くのスリルを提供してきた2人のライバルの間のエキサイティングなオープニングラップになるはずだ。

しかし、ルイス・ハミルトンは、シーズンを通して、レッドブル・ホンダの方ががメルセデスよりもスタートがいいと指摘する。

「明日できる限りのことをして、良いスタートを切ることができることを願っている」とルイス・ハミルトンは語った。

「今年は一般的に彼らの方が僕たちよりも良いスタートを切っている。特にマックスはそうだ。でも、スタートからベストを尽くすし、ターン1にチャンスがある」

「明日は大変だと思う。ここではタイヤウェアが非常にアグレッシブなので、僕たちができるさまざまな戦略を採る可能性があって、本当に興味深いと思う」

「繰り返しになるけど、途中でいくつかチャンスはある。彼らは明らかに2台のレッドブルがいるし、バルテリにはペナルティがあるので僕は一人でそこにいるの。明日は本当に一生懸命働くし、一晩かけて勤勉にならなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス / F1アメリカGP