ルイス・ハミルトン 「予選でのフェルスタッペンの突然のゲインに驚いた」 / F1イタリアGP 予選
メルセデスのルイス・ハミルトンは、タイトル争いのライバルであるマックス・フェルスタッペンが、F1イタリアGPの予選中に突然P1候補になったことに少し驚いたと語る。

高速のモンツァサーキットはメルセデス W12に適していると予想されていたが、それは金曜日の予選で確証が得られることになった。バルテリ・ボッタスが予選で最速タイムを記録し、ルイス・ハミルトンも2番手に続き、土曜日のスプリント予選のフロントローをロックアウトした。

マックス・フェルスタッペンは、プラクティスセッションで苦戦を知り荒れていたが、予選Q3でかなりのタイムを短縮し、3番手につけた。

予選結果に関わらず、マックス・フェルスタッペンは、スプリント予選でメルセデスに挑戦することに夢中になってはいないが、ルイス・ハミルトンは厳しい戦いを予想している。

「彼らがどこでペースを上げたかは分からないけど、接戦になるだろう」とルイス・ハミルトンは Sky F1 に語った。

「彼らは1~2マイル離れていたけど、突然、僕たちのすぐ近く言いた。それはまだ非常に僅差であることを示している」

バルテリ・ボッタスがQ3の最後のフライングラップで大きな進歩を遂げた後、ルイス・ハミルトンはチームメイに匹敵することができなかった。

「僕たち全員が僅差あったけど、バルテリは最後に素晴らしい仕事をした。僕にとって最高の予選ではなかった」とルイス・ハミルトンは認める。

Q3はルイス・ハミルトンにとって突然の不振であり、最初の2つのセグメントで支配的なパフォーマンスを見せている。

それでも、ルイス・ハミルトンは、最前列からスタートできることに満足しており、また、レースウィークエンドの前にシーズンの終わりにメルセデスを離れるというニュースにもかかわらず、バルテリ・ボッタスが好パフォーマンスを発揮したことを喜んでいると語る。

バルテリ・ボッタスは、2022年にアルファロメオとの複数年契約を開始する。

「Q1は本当に良かった。どういうわけか、そのセッションで苦労した」とルイス・ハミルトンはQ3での問題について語った。

「でも、とにかく僕はフロントローにいる。チームにとってフロントローをロックアウトできるのは素晴らしいことだ」

「特に先週のニュースの後、バルテリがとてもいい走りをしているを見るのは素晴らしいことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1イタリアGP