2位のルイス・ハミルトン 「1ストップ戦略を貫くしか選択肢はなかった」 / F1フランスGP 決勝
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1フランスGPでマックス・フェルスタッペンに対抗するには1ストップ戦略に固執する以外に選択肢がなかったと考えている。

レッドブル・ホンダF1は、31周目にマックス・フェルスタッペンに2度目のピットインをさせることを決定。その時点でフェルスタッペンはルイス・ハミルトンから2秒以上遅れて走行していた。

だが、メルセデスF1がルイス・ハミルトンを2ストップにスイッチするには遅すぎた。つまり、ハミルトンはハードタイヤで最後まで走らざるを得なかった。

マックス・フェルスタッペンは残り2周でリードを取り戻し、今シーズン3度目の勝利を収めた。

ポール・リカールでのメルセデスの戦略を評価したルイス・ハミルトンは「すでい彼はかなり先を行っていたので、実際、僕にはステイアウトすることしか選択はなかった。そうでなければ、彼は僕をアンダーカットしていた。彼は僕の前に出ていただろうし、抜くことはできんかあったと思う。彼らはストレートであまりに早すぎた。だから、唯一の選択肢はできる限り長くステイアウトして、タイヤが持ってくれることを願うだけだった」

「それがどれだけ強いかは分からなかった。でも、本当に驚いたのは、早い段階でフロントタイヤを使い果たしてしまったことだ。でも、明らかに彼らは良い戦略をとっていたし、今日はそれが本当にうまく機能した」

レース後、メルセデスのチーフストラテジストを務めるジェームズ・ボウルズは、チーム無線で「これは我々の責任だ」と語って、ルイス・ハミルトンに謝罪した。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、最初のストップでルイス・ハミルトンがマックス・フェルスタッペンにどのようにアンダーカットされたかを説明した。

「行ったり来たりしていた。我々がリードしていたのはマックスがミスを犯したからだ。それが少し糸を引いていた。我々のペースは良かった! 少しのマージンですらあったかもしれない」

「アンダーカットを保護するために、約3秒のギャップがあったが、それだけでは十分ではなかった。1秒が足りなかった。どこかで失っていた」

また、トト・ヴォルフは、バルテリ・ボッタスが最初のスティントでタイヤにダメージを与え、予想よりも早くピットストップを引き起こしたことを明らかにた。

「いいや。選択の余地はなかった」とトト・ヴォルフは付け加えました。

「バルテリのタイヤはバイブレーションが出始めていた。そして、終盤に我々は本当に心配した。バイブレーションはすでにサスペンションを伝わっていた」

「彼はタイヤにフラットスポットを作っており、いつでも故障する可能性があった。ストップをトリガーするのが早すぎることはわかっていたが、選択の余地はなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1フランスGP