ハミルトンにとってロズベルグと戦うよりフェルスタッペンの方が楽?元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーが考察
元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、ルイス・ハミルトンにとっては、チームメイトではない別チームのドライバーと戦う方が“簡単”だと考えている。

今年、メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとタイトル争いと繰り広げている。その緊張レベルは2016年にチームメイトのニコ・ロズベルグとの戦いで経験したのと同じレベルまでエスカレートする可能性がある。

しかし、ゲルハルト・ベルガーは、選択肢があるとしれば、ルイス・ハミルトンは、ドライバーズタイトルをめぐってメルセデスF1のチーム内との戦いに耐えるよりも、他チームの誰かに挑戦する方が簡単だと考えている。

「ルイスはマックスと競争する方がはるかに簡単だ」とゲルハルト・バーガーは Sport1 に語った。

「ライバルが別のマシンに乗っているときは、常にカンフル剤になるからだ」

「彼より前で終えるかどうかがすべてだ。だが、それができない場合でも、他の方がよいマシンを持っているといことなので、イメージを失うことがない。

「しかし、同じチームのニコ・ロズベルグに倒された場合、それは侮辱のようなものだ」

ルイス・ハミルトンは、F1アゼルバイジャンGPのリスタート時に誤って“ブレーキマジック”スイッチをフリックして貴重なポイントを犠牲にしており、タイトル争いは特定の段階でミスが大きな意味を持っている。

しかし、大きなミスにもかかわらず、ゲルハルト・ベルガーはそれをあまり重要視していない。

「いいえ、この極度の緊張のなかでもルイスはまだはっきりしている」とゲルハルト・バーガーは続けた。

「バクーでは、彼は勝つために最後のスタートですべてを危険にさらす必要があることを知っていた。それはうまくいかなかった」

「だが、それは起こり得えることだ。メルセデスがレッドブルのプラッシャーの下で時々弱体化するのは確かに興味深いだ。それにフェラーリも忍び寄っており、ノリスと素晴らしい仕事をしているマクラーレンもいる」

「アルファタウリのガスリーでさえ、上位でドライブすることができる。だが、それはまさにF1とそのファンが必要とする緊張だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / マックス・フェルスタッペン