メルセデスF1のルイス・ハミルトン 「40歳までにはF1から引退したい」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1からの引退がそれほど遠くないことを改めてほのめかした。

今年1月に36歳になった7回のF1ワールドチャンピオンを務めるルイス・ハミルトンは「40歳でもうレースをしていないことを本当に望んでいる」と Corriere della Sera に語った。

「まだやりたいことがたくさんあるので難しいだろう」

Daily Mai は、ルイス・ハミルトンは、チャンピオンシップを獲得したボーナスを2倍することを上限に、2022年に新しい1年契約の基本給の減額を喜んで受けると報じられている。

しかし、ルイス・ハミルトンは、今のところまだF1を楽しんでいると主張する。

「物事は人生で非常に急速に発達するので、驚かせされることもある」とルイス・ハミルトンは語った。

「たとえば、今シーズンがこんなに楽しいものになるとはとは思っていなかった」とルイス・ハミルトンはマックス・フェルスタッペンとの直接対決について語った。

「私は毎日自分自身について新しいことを見つけている」

また、ルイス・ハミルトンが、F1の新世代ドライバーを「素晴らしい」と語り、どれほど感銘を受けているかについて語った。

「ランド・ノリス、ジョージ・ラッセル、シャルル・ルクレール、そして、特にカルロス・サインツだね。彼はフェラーリに不慣れだけど、とても上手に運転している。シャルルと一緒に彼らは非常に強力なデュオだ」

「F1は心配いらない。明るい未来を予測している」

2021年のチャンピオンシップライバルであるマックス・フェルスタッペンについて質問されたルイス・ハミルトンは「僕たちはトラック内外でお互いを尊重している。それを変えるものは何もない」

「彼は素晴らしいドライバーであり、彼と競争するのはとても楽しい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス