ルイス・ハミルトン、F1サヒールGP欠場で「悲しみに打ちひしがれている」 / 新型コロナウイルスに感染
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、新型コロナウイルスに感染したことで今週末のF1サヒールGPを欠場することに“悲しみに打ちひしがれている”が、“軽度の症状だけで大丈夫だったことは本当に幸運”だと語った。

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、月曜日の朝に目が覚めたときに軽度の症状を示し、同時にバーレーンに移動する前に濃厚接触していた人物が陽性だったことを伝えられた。

先週、ルイス・ハミルトンは、3度の新型コロナウイルス検査を受けて陰性だったが、その後、再検査した結果、陽性反応が出た。そのため、バーレーンのCOVID-19プロトコルと公衆衛生ガイドラインに従って隔離されている。

「やあみんな、今週末にレースに出られないことに悲しみに打ちひしがれているよ」とルイス・ハミルトンはソーシャルメディアで言った。

「6月にシーズンを開始して以来、チームと僕は可能な限りの予防策を講じてきたし、安全を確保するためにあらゆる場所で規制を遵守してきた」

「先週、3回の陰性結果が出ていたけど、残念ながら、昨日の朝、軽度の症状で目が覚め、改めて検査を受けたところ、陽性結果が出た。すぐに僕は10日間の自己隔離に入った」

「今週末にレースができないことには本当にがっかりしているけど、僕の優先事項は、他の人を守るためにプロトコルとアドバイスに従うことだ。軽度の症状で大丈夫だと感じ、健康を維持するために最善を尽くすことができて本当に幸運だ」

「みなさんもどうか気をつけて。注意しすぎるということはない。今は誰にとっても心配な時期であり、僕たちは自分自身とお互いのことに気を配る必要がある。前向きに考えよう」

10日間という隔離期間は、まだ最終戦アブダビGPに出場できる可能性がある。そのためにはアブダビに移動する前、そして、到着後に検査を受けて陰性である必要がある。

メルセデスF1は、誰がルイス・ハミルトンの代役としててバルテリ・ボッタスとともに今週末のレースに出場するかを発表していない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1バーレーンGP