ルイス・ハミルトン 「F1はフォーミュラEの道を辿っていくべき」
6回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、F1はどこかの段階で電気自動車のレースシリーズであるフォーミュラEの道を辿っていくべきだと考えている。

ルイス・ハミルトンが所属するメルセデスF1チームは、2020年末までにカーボンニュートラル(二酸化炭素の純排出量ゼロ)を目指すことを宣言している。

多くの人々は、F1は岐路に立たされていると考えている。一部の人々は、F1が環境への信頼を高め続けることを望んでいるが、その一方では、以前の大音量エンジンの時代への回帰を好む人々もいる。

「僕たちはV8から進み、今では以前より3分の1少ない燃料を使用している。これから先の開発は、本当に興味深いものになるだろう」とルイス・ハミルトンはコメント。

「おそらく僕のレースキャリアではなく、それ以降なのは確かだけど、F1がどこかの段階で『FE1』になるなら、本当に明るい未来があると思う」

ルイス・ハミルトンが語る『FE1』」とはおそらくフォーミュラEとF1の頭字語の組み合わせだ。ハミルトンはメルセデスのチーム代表であるトト・ヴォルフのサポートを受けている。

「F1ではラップタイムが重要だけど、今日のフォーミュラは効率的なフォーミュラだ」とトト・ヴォルフはコメント。

ルイス・ハミルトンは、F1が世界のモータースポーツにとって伝統的なパワーから電化への推進を続けるための完璧なプラットフォームであると考えている。

「これは技術と開発を推進するための完璧なテストベンチだ。おそらく持つことができる本当に最高の実験の場だ」

「今日のマシンで見られるものと、現在フォーミュラEにあるテクノロジーで僕たちは重要な役割を果たしてきたと思いたい。僕たちがそのテクノロジーを開発し、前進させ続けていけば、ロードカーのために改善されていくだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / フォーミュラE