F1
F1の伝説的存在であるアラン・プロストは、2020年のF1世界選手権のルイス・ハミルトンの“最も危険なライバル”はレッドブル・ホンダとフェラーリをドライブしていると語る。

現在は、ルノーF1チームのディレクターを務めるアラン・プロストは「現在、最も完成されたドライバーはハミルトンだ。彼には経験があり、強いチームに所属しているからね」と Le Parisien にコメント。

「しかし、マックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールには素晴らしい見通しがある。彼らはルイスにとって最も危険なライバルだ」

2020年のF1世界選手権にむけて、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンに最もハードに挑戦する可能性があると考えられているが、アラン・プロストはそうは確信していない。

「フェルスタッペンはもう少し落ち着く必要がある」とアラン・プロストはコメント。

「彼は特定の瞬間に少し落ち着きが欠けている。だが、彼が良いマシンを持っているときには打ち負かすのが難しいだろう」

また、アラン・プロストは、2020年のルノーF1チームのの新人でメルセデスがマネジメントするフランス人のエステバン・オコンについても語った。

「彼は意図しないサバティカルを過ごしたが、それも経験だ。それは彼に少し成熟を与えるだろう」とアラン・プロストはコメント。

「多くのフランス人ドライバーが彼と同じような状況にある。世界にはますますお金があるが、ここ(フランス)にはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス