F1 ルイス・ハミルトン ベルギーGP
メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1ベルギーGPのフリー走行3回目で大クラッシュを喫し、わずか4周でセッションを終えた。

セッションが30分を経過しようとした頃、ルイス・ハミルトンはターン12を曲がれずに高速のままノーズからタイヤバリアに突っ込んだ。ハミルトンは自力でマシンを降りており、幸いにも怪我はなさそうだが、マシン前面は激しく損傷した。

初期の調査ではマシンは幸いにもモノコックまでダメージが至っておらず、メルセデスの広報担当は予選までの2時間で修復を行っていくと述べた。

「両側のフロント(サクペンションとホイールアセンブリ)、ノーズ、バージボード、フロアを交換します。予想外の厄介なサプライズがなければ、予選開始に間に合うようにすべての作業を完了できると信じています」

関連:F1ベルギーGP フリー走行3回目 | シャルル・ルクレールがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / F1動画 / メルセデス / F1ベルギーGP