F1 ルイス・ハミルトン ニキ・ラウダ
ルイス・ハミルトンは、メルセデス移籍の際にニキ・ラウダが果たした役割を明らかにした。

当時、カート時代からルイス・ハミルトンを支援し、F1ワールドチャンピオンまで育てたマクラーレンを離れ、まだ結果を出せていないメルセデスに移籍するという決断には多くの人々が疑問を抱いた。

ミハエル・シューマッハとニコ・ロズベルグを擁したメルセデスだったが、F1ワークス活動再開後3年間で1勝しか挙げられていなかった。しかし、当時、トト・ヴォルフ、ロス・ブラウン、そして、ニキ・ラウダが率いたプロジェクトにルイス・ハミルトンは将来性を見い出していた。

7年経ち、モナコで勝利を収めたルイス・ハミルトンは「2012年にニキから電話がかかってきたときのことを覚えている。僕たちはあまり話をしたことがなかった。彼は電話で『ノー、君はメルセデスに来るべきだ。ここが君が必要としている場所だ』と言っていたね」とコメント。

「僕はずっとロスがチームに移籍する際の説得力のある要素だと話してきた。なぜなら、彼とじっくり話をしたときに、彼はチームが何をやっているか、どこに向かっているかなどの彼らのプランを話してくれたからね。メルセデスと僕はそのビジョンを本当に信じていた」

「でも、僕をメルセデスに移籍させる最後の決め手となったのはニキだった。そして、このすべての年月で、彼は僕の共犯者のようなものだった」

「最終的に彼は僕の人生をかえるプロセスの一部だった。ずっと前に電話を受けていなければ、僕は1回のワールドチャンピオンでたぶんマクラーレンにいて22勝くらいしか挙げられていなかっただろう。そして、僕は5回のワールドチャンピオンとしてここに座っている。彼には大きな借りがあると感じているんだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス