F1 ルイス・ハミルトン
ルイス・ハミルトンは、予選のアウトラップにおけるコース上の振る舞いについて“暗黙の了解”があるとするマックス・フェルスタッペンの主張を否定した。

マックス・フェルスタッペンは、F1中国GPの予選Q3の最後のアタック直前にセバスチャン・ベッテルとルノーの2台に割って入られたことで時間内にラインを通過することができず、彼らの振る舞いを批判した。

「彼らは僕のビルドアップ全体をめちゃくちゃにした。お互いに従うべき暗黙の了解がある」とマックス・フェルスタッペンは Ziggo Sport に怒りをぶちまけた。

だが、ルイス・ハミルトンは、自身のソーシャルメディアで“暗黙の了解”など“存在しない”と簡潔に述べた。

Q3の最後にマックス・フェルスタッペンを追い越したドライバーの一人であるダニエル・リカルドは、時間がなくなってきている興奮状態のなかでドライバーたちはルールを捨てることを選んだと述べた。

「行かなければならなかった。全員があまりにタイトすぎたと思う」とダニエル・リカルドはコメント。

「タイトなままだったのでみんながねじ込んだんだと思う。行くべきときは行かなければならない。通常であれば、そこにはエチケットがあるけど、かなりタイトだったのでウインドウを外れていた」

関連:
マックス・フェルスタッペン、予選Q3でのベッテルの行為を批判
セバスチャン・ベッテル、Q3でのフェルスタッペンへの追い抜きを弁明

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルイス・ハミルトン | メルセデス