F1 ルイス・ハミルトン セバスチャン・ベッテル
ルイス・ハミルトンは、最大のライバルであるセバスチャン・ベッテルとのヘルメット交換がいかに特別なことであるかを語った。

今年、二人はお互いに5回のF1ワールドチャンピオンをかけて特に前半戦に激しいバトルを繰り返し、最終的にルイス・ハミルトンが王座を獲得。タイトル獲得数でファン・マヌエル・ファンジオに並ぶ歴代2位に浮上した。

ルイス・ハミルトンは滅多に他のドライバーとヘルメットを交換することがないが、二人は最終戦F1アブダビGP後にヘルメットを交換。ルイス・ハミルトンは、セバスチャン・ベッテルからテキストメッセージに非常に特別なリクエストを受け取ったと明かした。

「彼から『ヘルメットを交換しないか?』とメッセージが送られてきたんだ」とルイス・ハミルトンは語る。

「サッカー選手はこの種のことをいつもやっているけど、ヘルメットはサッカーのジャージよりもずっと交換だし、放り投げられるようなものではない。僕たちにとって非常に貴重なことなんだ」

「個人的に僕はどのヘルメットも手放さない。1つはミハエル(シューマッハ)と交換した。ヘルメットを交換したドライバーは他にも1~2名はいたかもしれないけど、僕はそのことを軽く考えてはいない」

しかし、ルイス・ハミルトンは、素晴らしいライバルへのお互いの敬意のしるしとして、セバスチャン・ベッテルからのオファーを受け入れたと語る。

「本当にとても特権的な瞬間だった。僕は多くのことを達成した4回のワールドチャンピンの隣に立っているんだからね」

「彼は素晴らしい男だし、信じられないほどのドライバーだ。ヘルメット交換はリスペクトの究極のサインだ」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルイス・ハミルトン | セバスチャン・ベッテル | ヘルメット