F1マシン技術解説:ハース VF-22 「最も改善を果たしたマシン」
2022年のF1世界選手権でした「最も改善を果たしたマシン」として、Formula1.comの技術専門家であるマーク・ヒューズはハース VF-22を挙げた。

ハースF1チームは、2021年の最も遅いペース (予選ペースから3.2%オフ) から2022年には8番目に速く、2%オフまで向上した。比較的控えめな数字に見えるかもしれないが、グリッドで最大のパフォーマンス向上を表している。

この改善は、ハースF1チームは前年の他のフィールドから切り離されてチームメイト同士だけとの戦いから、ミッドフィールドの戦いにミックスできる違いとなった。

バーレーンの開幕戦でのケビン・マグヌッセンの5位は、彼を「ビッグスリー」チームに次ぐ最高のフィニッシャーにし、ブラジルでは、Q3に進出し、ドライトラックの短い機会を利用して、土曜日のスプリントのための衝撃的なポールポジションを獲得した。このような偉業は、2021年には考えられなかっただろう。

ハース VF-22は、新しい空力レギュレーションに対するフェラーリの解釈にインスパイアされたチームの対応だった、2021年マシンはその起源を2018年までさかのぼるものだった。

その改善の大部分は、強力な新しいフェラーリ 066/7 パワー ユニットによるものだったが (フェラーリとアルファロメオは、ハースに続いてトップ3の最大の改善をしたマシン)、空力的にも比較的優れていた。

すべてフェラーリのコンポーネントを使用することで、その冷却が定義され、したがって、その空力コンセプトが非常に似たものになり、大きなブラフ サイドポッドが車の周囲の空気を洗い流すようになった。

また、フロントタイヤをすばやくオンにする機能もフェラーリと共有していた。これは、ケビン・マグヌッセンが湿った路面でスリックタイヤでインテルラゴスのポールを設定できた理由の重要な部分だった。

ハースF1チーム VF-22

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / F1マシン