ハースF1代表 「シューマッハがポールを獲得しても決定は覆らなかった」
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、仮に先週末のF1ブラジルGPでポールポジションを獲得したとしても、ミック・シューマッハが2023年のシートを確保する助けにはならなかったと語った。

ハースF1チームは11月17日(木)、ミック・シューマッハが2023年にチーム留まらず、ニコ・ヒュルケンベルグと交代することを発表した。ギュンター・シュタイナーは、最終決定は最近行われたと主張し、シューマッハは水曜日に残留しないことを知らされ、ヒュルケンベルグは同じ日に契約にサインした。

先週末のF1ブラジルGPでチームメイトのケビン・マグヌッセンではなく、ミック・シューマッハがポールポジションを獲得していたら、状況は違っていたかと質問されたギュンター・シュタイナーは、そのようなパフォーマンスでさえ十分ではなかったことを示唆した。

「何も変わらなかっただろう」とギュンター・シュタイナーは言った。

「1レースまたは1回の予選結果で感情的にこのような決定を下すことはできない。それは間違っているだろうし、両方とも間違っている可能性がある」

ギュンター・シュタイナーは、シーズン序盤のミック・シューマッハの一連のクラッシュが彼の残留に役立たなかったことを認めたが、より大きな全体像があると強調した。

「それはその一部だが、『彼がクラッシュしたからだ』とだけ言うことはできない。もちろん、それは良くはなかったがね」とギュンター・シュタイナーは語った。

「今、辻褄を合わせようとしているわけではないが、彼が非常に良い結果を出していれば、どれくらい影響を与えたかは分かると思う。見つける必要があるバランスだ」

「オーストリアとシルバーストンで彼がフィニッシュしたとき、それは非常に良い結果だった。それはひとつの良いことだ。それから、クラッシュという悪いことがあった。だから、それは混ざり合っている」

「しかし、1つのイベントがこの結論を引き起こすほど大きかったわけではない。物事の組み合わせだ。最大のことは前進することであり、我々はとにかくチームを再び構築したいと思っている」

「ミックはシーズン中に大きく改善した。皆さんもそれを知っているだろうし、私がそれを言う必要はない.

「したがって、我々は非常に長い時間を要した。人々が考えているように夏前に我々はこの決定は下してはいなかった。チームにとって何がベストを決定するのにこれほど長い時間がかかった。彼はいくつかのレースで良い走りをした」

ミック・シューマッハに欠けているものは何かと尋ねられたギュンター・シュタイナーは「F1での何年もの経験と我々以外のチームに所属したことがなかったことだと思う」と語った。

「ニコがもたらすものは、彼は以前に3~4チームに所属していた経験だ。経験を積むには時間がかかる。現時点で我々には時間がない。我々は前進したいと思っている。今いる場所にはいたくない。我々はもっと良くなりたいと思っている」

ギュンター・シュタイナーは、ミック・シューマッハが期待に応えられなかったかどうかを言うのは難しいと語った。

「それに答えるのは難しい。なぜなら、期待とは何かという問題がある。おそらく、今は彼のパフォーマンスなどは脇に置いて、他の誰かとならうまくやれるかもしれないチーム内で修正する必要があることをチーム内に見ている。ドライバーだけでなく、チームを育てる必要がある」

「我々がここに位置のはミックのせいではない。我々自身に責任がある。だが、我々は再び立ち上がる必要があり、今の我々と同じような立場にある複数のチームでこれを行ってきた多くの経験を持つ男を採用することによって、もっと短くできる方法がある}

ミック・シューマッハは、他の場所でシートを見つけるに値するかどうかと尋ねられたギュンター・シュタイナーは「彼がそれに値するかどうかは私には判断できない。ウィリアムズで今週末に非常に奇妙なことが起きない限り、来年のシートはないと思う」とコメント。

「私はそれに値するかどうかを判断する立場だろうか? 我々は皆、何かのために働かなければならないと思う。タダで何かを与えられている人はいない。私にはシートはない。誰が何に値するのかを同僚や他のチームプリンシパルにアドバイスするのは好きではない。私はその立場になりたくはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ニコ・ヒュルケンベルグ / ミック・シューマッハ