ハースF1代表 「ニコ・ヒュルケンベルグは2023年のドライバー候補の一人」
ニコ・ヒュルケンベルグは、2023年にハースF1チームでミック・シューマッハに代わる有力候補として浮上している。

ミック・シューマッハが保持されないという公式の発表はまだないが、ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーはここ数週間、他の候補者と積極的に話し合っている。

先週末のモンツァでのFP1でハースF1チームの車をドライブしたアントニオ・ジョビナッツィは、しばらくの間リストの上位にいた。

アントニオ・ジョビナッツィは、ハースF1チームのエンジンパートナーであるフェラーリのお気に入りの選択だが、ギュンター・シュタイナーは、フェラーリはこの問題について発言権を持っておらず、提案を提供することしかできないと述べている、

アストンマーティンF1チームのリザーブドライバーとして今シーズンの最初の2レースに出場したニコ・ヒュルケンベルグはアルピーヌF1チームの候補リストにも載っている。

ニコ・ヒュルケンベルグは、2017 年と2018 年にエンストンのチームでレースをし、フォース・インディアとレーシング・ポイント時代からチーム代表のオトマー・サフナウアーによく知られている。

しかし、情報筋によると、F2スターのジャック・ドゥーハンがアルパインF1チームのドライブに近づいているようだ。

ギュンター・シュタイナーは、ニコ・ヒュルケンベルグがハースF1チームの候補であることを認めたが、彼はまだ検討中の多くのドライバーの一人だと主張した。

「スーパーライセンスを持つ全員がリストに載っている」とギュンター・シュタイナーは Autosport に語った。

「彼はスーパーライセンスを持っていて、F1をやっていて、経験があるので、他のすべての選手と同じように候補だと思う」

「つまり、変更したい場合に、今レースをしているなかで獲得できるドライバーは誰もいないということだ。最善の決定が何であるかを確認する必要がある」

アンントニオ・ジョビナッツィは、数日前にフィオラノで昨年のフェラーリを運転してウォームアップした後、モンツァのFP1で良いパフォーマンスを発揮することで、自分の評判を害することはなかった。ベストラップをミスしたが、レギュラードライバーのケビン・マグヌッセンに0.3秒差でセッションを終えた。

アントニオ・ジョビナッツィはオースティンで再びFP1を走る予定だが、ギュンター・シュタイナーは彼のセッションの重要性を軽視し続けており、フェラーリF1のチーム代表であるマッティア・ビノットへの好意として合意されたことを認めている。

「人々は深く考えすぎている」とアントニオ・ジョビナッツィについてギュンター・シュタイナーは語った。

「フェラーリが我々にリザーブドライバーを起用するように頼んだのは、『今、彼をテストして結論を出す必要がある』ということではなかった」

「彼は非常に良い仕事をしてくれた。彼はこのレギュレーションカーを運転したことがない。彼はすぐにコントロールしていた。彼はとても良かった」

「車が良いのを見るのは良いことだ。なぜなら、1年も車に乗っていない人がこのようにそうするなら、車はそれほど悪くないはずがないからだ」

アントニオ・ジョビナッツィは、2023年にF1グリッドに復帰したいと明言している。

「今年はドライバー市場などで本当にシリーシーズンだったことを目にしてきた。それがどうなるか分からない」とアントニオ・ジョビナッツィは語った。

「来年は絶対にここにいたい。それは秘密ではないけど、僕の手に委ねられているわけではない。だから、何ができるか見てみよう。今のところ、僕はこの2つのセッションで素晴らしい仕事をすることに集中している。1つは終わった。今、僕たちにはもう1つがある」

ハースF1チームのリザーブであるピエトロ・フィッティパルディは、2023年のシートのもう1人の候補のままであり、いくつかの情報源は、彼がスポンサー契約に結び付けられている可能性があることを示してる。

F1チームはルーキーのFP1 セッションのいずれもまだ使用しておらず、2020年シーズンの最後の2レースを開始したブラジル人は、まだそれらを行う資格があり、チームの現在の仕事の選択肢となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ニコ・ヒュルケンベルグ