ハースF1代表 「マグヌッセンへのブラック&オレンジフラッグはミステイク」
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、F1ハンガリーGPのスチュワードがケビン・マグヌッセンにブラック&オレンジフラッグを出してピットストップを強制したのはミステイクだったと主張する。

ケビン・マグヌッセンは、オープニングラップの1コーナーの出口でマクラーレンのダニエル・リカルドと接触。エンドプレートがウイングの主要構造からぶら下がり、FIA(国際自動車連盟)はマグヌッセンにブラック&オレンジフラッグを提示した。

それはケビン・マグヌッセンが、安全上の理由からピットストップを強制されることを意味したが、ギュンター・シュタイナーはその決定に納得していない。

「今日は我々にとって難しいレースだった」とギュンター・シュタイナーは語った。

「ケビンはフロントウイングにダメージを負っていたが、実際に我々の意見では、FIAが我々に指摘したのはミステイクだった」

「フロントウイングは続行しても安全だったが、半分のラップを失った。それはレースが終わったことを意味した。ブルーフラッグが出てしまうと、明らかにタイヤを機能させるのが困難になった」

ケビン・マグヌッセンは16 位でフィニッシュし、チームメイトのミック・シューマッハも 12 位でポイントを獲得できなかった。

ハースF1チームは、F1ハンガリーGPにアップグレードパッケージを投入したが、、スペアパーツが不足していたため、ケビン・マグヌッセンの車でのみ使用された。

ケビン・マグヌッセンは、オープニングラップでレースに妥協を強いられたが、チームは週末から新しいパッケージでポジティブなものが得られたと語る。

「僕たちのレースは、ブラック&オレンジフラッグのためにピットインしなければならなかったことで大きく妥協を強いられた」とケビン・マグヌッセンは語った。

「スタートでマクラーレンの1台とわずかに接触したけど、それを避けることはできなかった。それほど悪くはなかったので、フラッグを出されて驚いた」

「ハードタイヤにスイッチを入れることができなかったので、それを外してミディアムコンパウンドで何周か走れたのは良かった」

「車をトラックに乗せて、すぐに期待していたものを測定できたという観点ではポジティブだった」

「ラップタイムを出すのは大変な作業になるだろうし、それは次の数レースで実現するだろう。解き放てるポテンシャルはある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / F1ハンガリーGP / ケビン・マグヌッセン